Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:38238
OneDriveの容量が不足した場合の対処方法(Windows 11)

OneDriveの空き領域がいっぱいになり、容量不足のメッセージが表示される場合の対処方法を説明します。
※OneDriveはマイクロソフト社が提供しているオンラインファイルストレージ(Web上のファイル保存場所)です。

以下は、エラーメッセージの一例です。

  • ストレージ容量が不足しています(XX%)
  • ストレージがいっぱいです(XX%)
  • ストレージの上限を超えています(XX%)
 

ワンポイント

OneDriveの空き領域を追加する(有償)

OneDriveでは無料で5GBのストレージ容量を使用できますが(2023年10月時点)、容量が足りなくなった場合に有償でストレージ容量を追加することができます。通知領域のOneDriveアイコン をクリックして[アップグレード]を選択すると、アップグレードに関するご案内が表示されるので、ご確認ください。
※リンク先のページはマイクロソフト社が運営しています。ページは予告なく変更される場合があります。

※本コンテンツの内容は2023年10月時点の情報に基づいています。

対処方法

OneDriveの容量が不足した場合は、OneDrive内のファイルやフォルダーを移動して容量を空けるか、OneDriveの利用を停止することで容量不足を解消します。
用途に合わせて以下のいずれかの対処方法を実施してください。

  • OneDriveの同期を解除する
    OneDriveの利用を停止します。パソコン内のファイルやフォルダーをOneDriveにバックアップする必要が無い場合にこちらを実施します。

OneDrive内のファイルを別の保存場所に移動する

OneDriveのファイルを別の保存場所に移動し、OneDriveの容量を空けることで容量不足を解消します。
別の保存場所は、USB HDDなどの外部メディアや、パソコン内の「ドキュメント」「デスクトップ」「ピクチャ」以外のフォルダーをご利用ください。

ここでは例として、「OneDrive」-「ピクチャ」フォルダー内のファイルをUSBフラッシュメモリーに移動する方法を説明します。

※インターネットに接続した状態で本操作を実行してください。

1 USBフラッシュメモリーをパソコンにセットします。

2 タスクバーの「エクスプローラー」アイコンをクリックし、表示された「エクスプローラー」画面左側から[「OneDrive」アイコン(アカウント名)-個人用]-[ピクチャ]を選択します。

「エクスプローラー」画面

3 移動するフォルダーを選択して、「コピー」アイコン(コピー)をクリックします。

※頻繁に利用するものや、他のパソコンからもアクセスしたいなどOneDriveで引き続き利用したいファイルやフォルダーは選択する必要はありません。

「ピクチャ」画面

4 [USBメモリー(D:)]を選択し、「貼り付け」アイコン(貼り付け)をクリックします。

※USBドライブの名称はお使いのパソコンの環境やUSB機器の種類によって異なる場合があります。

「USBメモリー(D:)」画面

5 手順3で選択したフォルダーがUSBフラッシュメモリーにコピーされたことを確認します。

「USBメモリー(D:)」画面

6 [「OneDrive」アイコン(アカウント名)-個人用]-[ピクチャ]をもう一度クリックし、「ピクチャ」フォルダーからコピー済みのフォルダーを選択して「削除」アイコン(削除)をクリックします。

 

注意

削除の際はコピーを行っていないフォルダーを誤って削除しないようご注意ください。

「ピクチャ」画面

これで、OneDrive内のファイルやフォルダーを別の保存場所に移動する手順は完了です。
ファイルを移動してもOneDriveの容量不足が解消されない場合は、手順を繰り返してさらにファイルを移動してみてください。

ワンポイント

OneDrive内の同期を解除するフォルダーを指定する

OneDrive内のファイルやフォルダーを別の保存場所に移動してもすぐに容量不足になってしまう場合は、 特定のフォルダーに対してのみ同期(バックアップ)を解除することもできます。

たとえば、「ピクチャ」フォルダーの容量が大きくなりやすい場合は上記の手順で「ピクチャ」フォルダー内の ファイルやフォルダーを移動して削除したあとに、「ピクチャ」フォルダーの同期を停止することで 容量不足を解消することができます。
手順の詳細については、下記コンテンツをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

OneDriveの同期を解除する

OneDriveとの同期を解除すると、パソコン内のファイルがOneDriveにバックアップされなくなり、容量不足のメッセージも表示されなくなります。
ただし、OneDriveの利用を停止すると、ファイルによってはパソコンから直接アクセスできなくなります。
このため、あらかじめOneDriveのファイルをパソコンにすべてダウンロードしてから同期を解除します。

※インターネットに接続した状態で実行してください。

1 通知領域の「OneDrive」アイコンをクリックし、表示された画面で[「ヘルプと設定」アイコン]-[設定]を選択します。

2 「OneDriveの設定を開きます」画面が表示されるので、「同期とバックアップ」-[詳細設定]をクリックします。

「OneDriveの設定を開きます」画面

3 「ファイルオンデマンド」-[すべてのファイルをダウンロードする]をクリックします。

「ファイルオンデマンド」-[すべてのファイルをダウンロードする]

4 「すべてのファイルをダウンロードする」と表示されるので、[続ける]をクリックします。

OneDriveに保存されているファイルのダウンロードが開始されます。すべてのファイルがダウンロード完了するまで、しばらくお待ちください。

「すべてのファイルをダウンロードする」

5 表示されているすべてのファイルの「状態」が緑のアイコン緑チェックアイコンに変更されていることを確認し、画面右上の[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じます。

※同期できずエラーになった赤いアイコンバツアイコンのファイルは、最初からパソコン上に保存されていますのでダウンロードはされません。

「エクスプローラー」画面

6 「OneDriveの設定を開きます」画面が表示されるので、[アカウント]をクリックします。

「OneDriveの設定を開きます」画面

7 「アカウント」と表示されるので、[このPCからリンクを解除する]をクリックします。

8 「この PC 上のアカウントのリンクを解除しますか?」と表示されるので、[アカウントのリンク解除]をクリックします。

※「デバイスのリンクを停止することにした理由をお知らせください。」と表示された場合は、任意の理由を選択して [送信]をクリックします。

「この PC 上のアカウントのリンクを解除しますか?」

9 「OneDriveを設定」と表示されたら、右上の[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じます。

「OneDriveを設定」

これで、OneDriveの同期を解除する手順は完了です。
通知領域のOneDriveアイコンを参照し、同期が解除されていることを確認してください。

通知領域

pagetopこのページの先頭へ

タワーPC/サーバー
MR7400 MR7400E MR8000 MR8000E-L MR8100 MR8100E MR8200 MR8200E MR8300 MR8300-R MR8400 Pro5700 Pro5800 Pro5900 Pro8100-H Pro8100-M Pro9000 Pro9050a Pro9100 Pro9200
コンパクトPC
AT10 AT10-V AT10-AC AT20 AT992E AT993E AT994E AT997 AT997E AT997-2 AT997E-2 AT998 AT998E AY331S MR4600E MR4700E MR4800E MR4900 MR5000 PT110E SG100E ST11E ST20E ST40E ST50 ST50E ST55E ST170E ST180E ST190 ST190E ST200E ST210E TD160E SG150 SG150E
ノートPC/タブレット
NA512E NA513E NA513E-V NA520E NA521E NA521E-2 NA710E NJ3900E NJ4000E NJ4100E NJ4100E-V NJ4100E-AC NJ4300 NJ4300E NJ4300E-AC NJ4400E NJ4400E-2 NJ5970E NJ6000E NJ6100E NJ7000E NJ7500E NL1000E NY2400S-Z NY2500S-Y NY2500S-Z TB01S TB01S-B TN20E TN21E TN22 TN30E TN40 NA711E NL2000E NJ8000E
OS
Windows 11
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった