Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:38085
無線LANに接続する方法(Windows 10/Windows 11)

無線LAN機能を搭載しているコンピューターで無線LANを使用する場合、「通信内容を盗み見られる」「ネットワークを不正に使用される」などの問題が発生する可能性があります。

無線LAN機器には上記の問題に対応するためのセキュリティーの仕組みが用意されていますので、無線LAN機能を使用する場合はセキュリティーに関する設定を行うことをお勧めします。
下記に、ご使用のコンピューターに搭載されている無線LAN機能にて設定できるセキュリティー、および既存のネットワーク接続にセキュリティーを設定する手順を記載します。

  • 無線LANユーティリティーが添付されている製品について
    このページでは、Windows標準の機能を使用して、無線LANに接続する方法をご説明します。
    お使いの製品に、無線LANユーティリティーが搭載されている場合は、製品に添付のユーザーズマニュアルを参照して設定を行ってください。

ワンポイント

ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからダウンロードすることができます。
※一部、ユーザーズマニュアルをご提供できない機種がございます。

※本コンテンツの内容は2023年2月時点の情報に基づいています。

目次

セキュリティーの種類

ご使用のコンピューターに内蔵されている無線LAN機能は、以下のセキュリティー設定に対応しています。
SSIDを変更する場合や「WEP」や「WPA/WPA2/WPA3」などの暗号化の設定を行う場合は、アクセスポイントの設定を行った後、ご使用のコンピューターの設定を行ってください。「MACアドレスフィルタリング」については、お使いのコンピューターに設定を行う必要はありません。

SSID

他のネットワークと区別するために「SSID」というネットワーク固有の名前を設定することができます。
ただし、設定した「SSID」は第三者が簡単に見ることができるので「SSID」にセキュリティーとしての機能は期待できません。逆に「SSID」に自分の苗字や組織名など利用者を特定できる名前を設定すると第三者に不要な興味を抱かせる可能性があるので、できるだけ意味を持たない名前を設定する事を推奨します。

また、アクセスポイントによっては「SSID」を他の無線LAN機器に公開しないように設定する機能を有するものもあり、「SSID」を知らないコンピューターはアクセスポイントに接続できなくなります。ご使用のアクセスポイントにこのような「SSID非通知」機能がある場合には、設定することをお勧めします。

データの暗号化

本コンピューターに内蔵されている無線LAN機能は、「WEP」および「WPA/WPA2/WPA3」のデータ暗号化に対応しています。

  • WEP
    「WEP」は無線区間のデータを暗号化する機能で、初期に使用されていたセキュリティー機能です。接続する無線LAN機器共通で使用できる暗号鍵の中で最も複雑な暗号鍵を使用することと、万一暗号鍵が解読された場合を想定して定期的に暗号鍵を変更することを推奨します。
  • WPA/WPA2/WPA3
    「WEP」の弱点を補強し、セキュリティー強度を向上させた規格です。「ユーザー認証機能」を備えたものや、より堅固な暗号化方式をサポートしたものなどがあります。「TKIP」を使用している場合は暗号鍵が定期的に自動更新されます。WPA2の「AES」は「TKIP」の暗号化方式を見直し、さらに安全性が高くなりました。
    「WPA3」は「WPA2」の脆弱性に対応し、パスワード認証時のセキュリティーをより高めました。

    ※アクセスポイント (無線LANルーター)が対応している場合は、より新しくセキュリティーが高い暗号化規格(「WPA3」や「WPA2」など)を使用することをおすすめします。

MACアドレスフィルタリング

「MACアドレスフィルタリング」機能を使用すると、アクセスポイントに登録されていないMACアドレスを持つ機器がアクセスポイントに接続できないように設定することができます。ただし、データの盗聴防止にはまったく効果がありませんので、「WEP」や「WPA/WPA2/WPA3」などのデータの暗号化とあわせて使用することを推奨します。

pagetopこのページの先頭へ

セキュリティーが設定されているアクセスポイントに接続する手順

セキュリティーが設定されているアクセスポイントに接続する手順は、次のとおりです。

1 無線LAN機能がオフになっている場合は、オンにします。

2 通知領域にあるネットワークアイコン (ネットワーク(未接続))をクリックします。

通知領域

3 以下のいずれかを実行します。

<Windows 10の場合>

3-1 アクセスポイントの一覧が表示されるので、接続するアクセスポイントのSSIDを選択します。手順4へ進みます。

アクセスポイントの一覧

<Windows 11の場合>

3-1 [>]([Wi-Fi接続の管理]ボタン)をクリックします。

[Wi-Fi接続の管理]ボタンをクリック

3-2 アクセスポイントの一覧が表示されるので、接続するアクセスポイントのSSIDを選択します。

アクセスポイントの一覧が表示されるので、接続するアクセスポイントのSSIDを選択

4 [接続]をクリックします。

[接続]をクリック

5 [ネットワーク セキュリティ キーの入力]ボックスが表示されるので、アクセスポイントに設定されている暗号化キーを入力し、[次へ]をクリックします。

※PIN入力画面が表示された場合は、アクセスポイントのラベルに印字されたPINを入力してください。

[ネットワーク セキュリティ キーの入力]ボックス

6 「このネットワーク上の他のPCやデバイスが、このPCを検出できるようにしますか?」と表示された場合は、[はい]または[いいえ]のいずれかを選択します。

※公共の無線LANネットワークなど、不特定多数が利用するネットワークに接続する場合には、[いいえ]を選択することをおすすめします。

このネットワーク上の他のPCやデバイスが、このPCを検出できるようにしますか?

これで、接続作業は完了です。
接続が完了すると、通知領域のアイコンが未接続の状態 (ネットワーク(未接続))から無線LAN接続済みの状態 (「無線LAN」アイコン)に変わります。

ワンポイント

SSID非通知のアクセスポイントに接続する

アクセスポイントのSSIDが非通知に設定されている場合は、一覧から[非公開のネットワーク]を選択して[接続]をクリックし、「ネットワーク名(SSID)」や「ネットワーク セキュリティ キー」を入力して接続してください。

[非公開のネットワーク]を選択

※「非公開のネットワーク」が表示されない場合は、Windowsを再起動してください。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MR7400 MR7400E MR8000 MR8000E-L MR8100 MR8100E MR8200 MR8200E MR8300 MR8300-R MR8400 MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro5700 Pro5800 Pro5900 Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M Pro9000 Pro9050a Pro9100 TY5000S TY5100S Pro9200
コンパクトPC
AT10 AT10-V AT10-AC AT20 AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT993E AT994E AT995E AT997 AT997E AT997-2 AT997E-2 AT998 AT998E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S AY331S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E MR4600E MR4700E MR4800E MR4900 MR5000 NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S SG100E ST10E ST11E ST20E ST40E ST50 ST50E ST55E ST125E ST150E ST160E ST170E ST180E ST190 ST190E ST200E ST210E SY01 TD160E TY1100S SG150 SG150E
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA513E NA513E-V NA520E NA521E NA521E-2 NA601E NA710E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ4000E NJ4100E NJ4100E-V NJ4100E-AC NJ4300 NJ4300E NJ4300E-AC NJ4400E NJ4400E-2 NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NJ6000E NJ6100E NJ7000E NJ7500E NL1000E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY2500S-Y NY2500S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E TN20E TN21E TN22 TN30E TN40 NA711E NL2000E NJ8000E
OS
Windows 10 Windows 11
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった