Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:37790
起動に使用するドライブの優先順位を変更する方法

電源を入れると、パソコンは起動(Boot)デバイスの順番に従ってデバイスを確認し、最初に検出したシステム(OS)から起動します。

このページでは、次のような場合に、デバイスの起動順(Boot Priority)を変更する方法について説明します。

  • リカバリーメディアから起動したい場合
  • 回復ドライブから起動したい場合

目次

注意

設定を変更するときは、あらかじめ起動用メディアをセットした状態で行ってください。メディアをセットしていないと、設定を変更できない場合があります。

「Bootデバイス選択」画面で変更する

パソコン起動時に、Bootデバイス選択画面を表示して起動順を一時的に変更します。

手順は下記コンテンツをご覧ください。

UEFI Setupユーティリティーで変更する

UEFI Setupユーティリティー上で、デバイスの起動順を変更します。変更した設定は保持されます。

ワンポイント

UEFIの操作方法や項目名は、お使いの製品によって異なります。お使いの製品のユーザーズマニュアルを参照してください。

1 パソコンに起動用メディアをセットします。

※起動用メディアをセットした状態でUEFI Setupユーティリティーを起動しないと、機種によっては起動したいデバイスがUEFI Setupユーティリティー上で表示されない場合があります。

2 パソコンの電源を入れ、UEFI Setupユーティリティーを起動します。

Windowsが起動してしまった場合は、再起動してやり直してください。

3 「UEFI Setupユーティリティー」が起動したら、「Boot」メニューを選択します。

「UEFI Setupユーティリティー」画面(イメージ)
              <「UEFI Setupユーティリティー」画面(イメージ)>

ワンポイント

「Front Page」が表示される場合

お使いの機種によっては「UEFI Setupユーティリティー」の起動操作をした際に、「Front Page」画面が先に表示されます。その場合 「UEFI Setupユーティリティー」メニューから起動順位を変更することはできません(※起動デバイスの有効・無効設定は可能)。

一時的に起動順位を変更することは可能ですので、「Front Page」画面-「Boot Manager」(Bootデバイス選択画面)から起動したいデバイスを選択してください。
操作方法の詳細については、下記コンテンツをご覧ください。

「Front Page」画面
                  <「Front Page」画面(イメージ)>

4 「Boot」メニュー画面が表示されるので、「Boot Option Priority」-「Boot Option #1」を選択し、表示される一覧から起動したいデバイスを選択します。

※一覧には起動用メディアの機器型番が表示されています。

5「Boot Option #1」に起動したいデバイスが表示されていることを確認し、設定を保存してUEFI Setupユーティリティーを終了します。

UEFI Setupユーティリティーの設定が保存され、Windows が再起動します。

6 Windowsが起動したら、起動順位を変更する方法は完了です。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MR7400 MR7400E MR8000 MR8000E-L MR8100 MR8100E MR8200 MR8200E MR8300 MR8300-R MR8400 MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro5700 Pro5800 Pro5900 Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M Pro9000 Pro9050a Pro9100 TY5000S TY5100S Pro9200
コンパクトPC
AT10 AT10-V AT10-AC AT20 AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT993E AT994E AT995E AT997 AT997E AT997-2 AT997E-2 AT998 AT998E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S AY331S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E MR4600E MR4700E MR4800E MR4900 MR5000 NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S SG100E ST10E ST11E ST20E ST40E ST50 ST50E ST55E ST125E ST150E ST160E ST170E ST180E ST190 ST190E ST200E ST210E SY01 TD160E TY1100S SG150 SG150E
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA513E NA513E-V NA520E NA521E NA521E-2 NA601E NA710E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ4000E NJ4100E NJ4100E-V NJ4100E-AC NJ4300 NJ4300E NJ4300E-AC NJ4400E NJ4400E-2 NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NJ6000E NJ6100E NJ7000E NJ7500E NL1000E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY2500S-Y NY2500S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E TN20E TN21E TN22 TN30E TN40 NA711E NL2000E NJ8000E
OS
Windows 10 Windows 11
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった