Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:37680
リカバリーメディアセットによるインストール手順(Windows 11)

ここでは、Windows 11リカバリーメディアセット(オプション)を使用して、Windows 11を再インストールする方法について記載しています。

※Windows 11ダウングレードモデルの場合、メディアが標準添付されています。

ワンポイント

Cドライブのパーティションを2つに分割する

Windows 11の再インストール中に、Cドライブのパーティションを2つに分割したり、分割済のCドライブの容量を変更したりすることができます。詳細は、下記コンテンツをご覧ください。

注意

重要事項

  • リカバリーメディアを使用してWindows 11の再インストールを行うと、HDD/SSD内のデータがすべて削除されます。
    このため、Windowsの設定が初期値に戻ったり、個人用データが消えたりします。再インストールを行う前に必要に応じて設定を書き写したり、データのバックアップを行ったりしておいてください。詳細は、製品に添付のマニュアルをご確認ください。
  • 当社製以外のUEFIへのアップデートは絶対にしないでください。当社製以外のUEFIにアップデートすると、再インストールができなくなります。
  • 再インストール方法に関する、最新情報を記載した紙類が添付されている場合があります。梱包品を確認して、紙類が添付されている場合は、その手順に従って作業をすすめてください。
  • このコンテンツの手順は、購入時のシステム構成を前提にしています。再インストールはUEFIの設定とシステム構成を購入時の状態に戻して行ってください。
    また、データの誤消去を防ぐため、Windowsをインストールする記憶装置以外 (USBフラッシュメモリー/メモリーカード/USB HDDなど)は取り外してください。
  • バッテリーで動作するパソコンをご使用の場合には、必ずACアダプターを接続した状態で行ってください。

目次

再インストール前の作業

再インストールの前に必要な作業を説明します。

ドライバー/アプリの再インストール用データをバックアップする (重要)

ドライバー/アプリの再インストール用データは、Cドライブに収録されています。
また、製品によってはWindowsの再インストール時にロードするVMDドライバーも含まれています。
必ずUSB機器にデータをバックアップしてください。

注意

Windowsの再インストールを行うと、Cドライブ内のドライバー/アプリの再インストール用データは削除されます。
必ずUSB機器にデータをバックアップしてください。

バックアップ方法は、下記コンテンツをご覧ください。

 

暗号化を解除する

「デバイスの暗号化」やBitLockerなど、Windowsの暗号化機能で暗号化を行っている場合は、再インストールの前に解除してください。
暗号化を行ったまま再インストールは実行できません。

 

マルチカードリーダー(オプション)を無効にする

マルチカードリーダー(オプション)が搭載されている場合は、UEFI Setupユーティリティーでマルチカードリーダーを無効に設定してください。
設定方法はお使いの製品により異なります。ユーザーズマニュアルの「UEFI Setup ユーティリティーの設定項目」でご確認ください。
Windowsの再インストールが完了したら、マルチカードリーダーの設定は有効に戻しておいてください。

ワンポイント

ユーザーズマニュアルをダウンロードページから入手する

マニュアルは下記ページよりダウンロードすることもできます。

 

HDD/SSDを2台以上装着しているときは

HDD/SSDを2台以上装着していると、Windowsのインストール中にHDD/SSD(ドライブ)の順番が異なって表示されることがあります。

例:1台目 (Cドライブ)と、2台目(Dドライブ)のHDD/SSDが入れ替わる
※RAID構成時はドライブ単位で1台です。たとえば、HDD/SSD 2基でRAID1を構成している場合は1台となります。

データの誤消去を防ぐため、次のいずれかの作業を行い、Windowsが入っているHDD/SSD以外を一旦取り外すか、UEFI上で無効に設定します。

  • HDD/SSDのケーブルを外す、または取り外す
    ユーザーズマニュアルのHDD/SSDの増設・交換方法を参照して行ってください。
    ※HDD/SSDの増設・交換ができない製品の場合、ユーザーズマニュアルに説明はありません。
  • UEFI Setupユーティリティーの「Main」メニュー画面でHDD/SSDを無効 ([Disabled]、[Not Installed]など)に設定する
    設定方法は、ユーザーズマニュアルの「UEFI Setupユーティリティーの設定項目」-「Mainメニュー画面」を参照ください。

上記作業後、一度電源を入れてWindows上で「Windowsが入っているHDD/SSD」のみが認識されていることを確認してください。

pagetopこのページの先頭へ

Windows 11の再インストール

VMDドライバーをロードする

「Windows 11リカバリーDVD Ver.2.0」以降をお使いの場合、製品によっては、Window 11をインストールするときに、VMDドライバーのロード(読み込み)が必要です。

下記コンテンツを参照して対象製品かどうか確認し、対象の場合はドライバーのロードを行ってください。

対象製品ではない場合は、「再インストール方法」に進みます。

再インストール方法

Windows 11のインストール方法は次のとおりです。

ワンポイント

機種によっては外付けの光ディスクドライブやUSBハブ、USBキーボード/マウスなどを用意してください。

※画面デザインは異なる場合があります。

1 Windows 11リカバリーメディアをパソコンにセットします。

Windows 11リカバリーメディアはDVD (2枚組)です。「Windows 11 リカバリーDVD (Disc-1)」を光ディスクドライブにセットしてください。

2 「Bootデバイス選択」画面を表示して、リカバリーメディアから起動します。

起動方法は、下記コンテンツをご覧ください。

3 黒い画面に「Press any Key to boot from CD or DVD」と表示されたら、どれかキーを押します。
(手順4の画面が表示されるまで、約60秒かかります。)

Press any Key to boot from CD or DVD

注意

「マルチカードリーダー装着構成です」と表示された場合

マルチカードリーダー(オプション)がUEFI上で無効に設定されていません。マルチカードリーダー搭載時はUEFI上で無効に設定し、手順1から再度実行してください。

4 「リカバリー ユーティリティ」画面が表示されたら、注意事項を確認し、[次へ]をクリックします。

「「リカバリー」を行う場合の注意事項」

5 リカバリー方法を選択する画面が表示されたら、方法を選択し、[次へ]をクリックします。

  • Windows パーティションのみを復元します。
    Windows 11を再インストールする場合、通常はこちらを選択します。
  • ハードディスク全体を初期化して、リカバリーします。
    OSを変更する場合はこちらを選択します。上記以外を選択するとエラーが表示されます。
    ※手順を実行すると、記憶装置 (HDD/SSD)の全領域が削除されます。

リカバリー方法を選択する画面

6 「リカバリー開始確認」と表示されたら、[リカバリー開始]をクリックします。

リカバリーを開始すると、ドライブ内のデータが削除されます。

※以降の画面は「Windowsパーティションのみを復元します。」を選択したときのものです。「ハードディスク全体を初期化してリカバリーします」を選択した場合も手順は同じです。

リカバリー開始確認

注意

[リカバリー開始]ボタンをクリックした直後にエラーが表示された場合

VMDドライバーが正常にロード(読み込み)されていないか、マルチカードリーダー(オプション)がUEFI上で無効に設定されていません。 マルチカードリーダー搭載時はUEFI上で無効にしてから、下記コンテンツを参照してVMDドライバーをロードしてください。

7 「続行しますか?」と表示されたら、[開始]をクリックします。

続行しますか?

注意

[開始]ボタンをクリックした直後にエラーが表示された場合

Windowsのパーティションが存在しない場合や、パーティションに不具合がある場合に、「リカバリーが完了できませんでした。」とエラーメッセージが表示されることがあります。その場合は[戻る]をクリックし、手順5で[ハードディスク全体を初期化して、リカバリーします。]を選択してリカバリーを行ってください。※手順を実行すると、記憶装置 (HDD/SSD)の全領域が削除されます。

8 リカバリーが開始され、画面に経過時間と残り時間が表示されます。

手順9の画面が表示されるまで、キーボードやマウスは操作しないでください。

リカバリー実行中画面

9 「リカバリディスク2をドライブに入れてください。」と表示されたら、「Windows 11 リカバリーDVD (Disc-2)」を光ディスクドライブにセットし、[OK]をクリックします。

リカバリーの続きが開始され、画面に経過時間と残り時間が表示されます。
手順7の画面が表示されるまで、キーボードやマウスは操作しないでください。

リカバリディスク2をドライブに入れてください。

10 「復元が終わりました。」と表示されたら、パソコンからリカバリーメディアを取り出し、[OK]をクリックします。

パソコンが再起動します。

復元が終わりました。

11 セットアップの画面が表示されるので、画面の指示に従ってWindowsのセットアップを行います。

セットアップが終了してデスクトップが表示されたら、Windows 11の再インストールは完了です。

 

ワンポイント

HDD/SSDを2台以上装着しているときは

インストール前にHDD/SSDを取り外した場合は、元どおりに取り付けてください。UEFI上で無効にした場合は、有効に戻してください。

マルチカードリーダー (オプション)を無効に設定した場合は

インストール前にUEFI上でマルチカードリーダーを無効にした場合は、有効に戻してください。

pagetop このページの先頭へ

ドライバー/アプリのインストール

Windowsをインストールしたら、次の順番でドライバーやアプリをインストールします。

1. バックアップしたデータからインストールする

バックアップしたデータを使用してドライバーやアプリをインストールします。
バックアップデータからインストールする手順は、下記コンテンツの「バックアップデータからのインストール方法」項目をご覧ください。

各ドライバーのインストール時に「新しいバージョンのドライバーがすでにインストールされている」などのメッセージが表示された場合、インストールは不要です。
ユーザーサポートページから最新ドライバーをダウンロードしてインストールすることもできます。

Windows 11ダウングレードモデルの場合
Windows 11ダウングレードモデルをお使いの場合は、ユーザーサポートページからWindows 11用ドライバーをダウンロードしてインストールしてください。

2. Windows Updateをする

インターネットに接続すると、自動的にWindows Updateが行われ、ドライバーが最新の状態に更新されます。

3. Webからダウンロードする

Microsoft StoreやメーカーのWebサイトから必要なアプリをダウンロードします。

※このほか周辺機器のドライバーやお持ちのアプリなど、必要に応じてインストールを行ってください。

pagetop このページの先頭へ


 
タワーPC/サーバー
MR8300 MR8300-R MR8400 Pro9050a Pro9100 Pro9200
コンパクトPC
AT20 AT997-2 AT997E-2 AT998 AT998E MR4900 MR5000 SG100E ST50 ST50E ST55E ST200E ST210E SG150 SG150E
ノートPC/タブレット
NA521E NA521E-2 NA710E NJ4400E-2 NJ7500E NL1000E NA711E NL2000E NJ8000E
OS
Windows 11
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった