Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:37296
SV1000 : HDD交換後のRAID再構築方法

RAIDを構成するHDDが故障して新しいHDDに交換した場合は、本コンテンツの手順でRAIDの再構築 (リビルド)を行ってください。

※購入時にRAIDボードでのRAID構成を選択された場合は、手順が異なります。「RAIDボード取扱説明書」をご覧ください。

RAIDを再構築する

RAIDの再構築は、UEFI Setup ユーティリティーで行います。

1 パソコンの電源を入れ、すぐに「Delete」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。

※Windows Serverが起動してしまった場合は、再起動してもう一度実行してください。

2 UEFI Setup ユーティリティーが起動するので、「←」「→」キーで「Advanced」メニュー画面を選択します。

3 「↑」「↓」キーで[Intel(R) Rapid Strage Technology]を選択し、「Enter」キーを押します。

4 「Intel(R) RST」画面が表示されるので、「RAID Volumes:」からRAID名を選択し、「Enter」キーを押します。

5 「RAID VOLUME INFO」画面が表示されるので、[Rebuild]を選択して「Enter」キーを押します。

6 「Rebuild Volume」画面が表示されるので、交換したHDDを選択して「Enter」キーを押します。

RAIDの再構築が開始されます。

7 「Intel(R) RST」画面 - 「RAID Volumes:」のRAID名に「Rebuilding」と表示されていることを確認して、「F4」キーを押します。

8 「Save configuration and exit?」と表示されるので、[Yes]を選択して「Enter」キーを押します。

UEFI Setup ユーティリティーが終了し、Windows Serverが起動します。

9 Windows Serverが起動したら、[スタート] - [Intel] - [インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー]をクリックします。

10 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

11 「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」 - 「ステータス」画面が表示されて、再構築の進捗状況が表示されます。

※交換前のHDD情報は、再構築が完了すると表示されなくなります。

12 進捗状況が100%に達したら、RAIDの再構築は完了です。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
SV1000
OS
Windows Server 2019
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった