Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:37246
2ポート 10Gbit対応 有線LANボード(X550-T2) : ドライバー再インストール手順(Windows 10/Windows 11)

このページでは、「2ポート 10Gbit対応 有線LANボード(X550-T2)」のドライバーの再インストール手順を説明します。

<2ポート 10Gbit対応 有線LANボード(X550-T2)の動作が不安定になった場合>

2ポート 10Gbit対応 有線LANボード(X550-T2)の動作が不安定になったときには、ドライバーを再インストールすることで改善される場合があります。 Windows 10の場合、再インストールは、(1)アンインストール (2)インストールの順番で行います。
※ Windows 11の場合、アンインストール不要です。上書きで再インストールしてください。

ワンポイント

2ポート 10Gbit対応 有線LANボード(X550-T2)ドライバーのインストールが不要な場合

次の場合、ドライバーはインストールされています。追加でインストールする必要はありません。

  • パソコン購入時
  • PCの初期化を実施したとき

Windows Updateによるドライバーの更新

インターネットに接続すると、Windows Updateによりドライバーが自動的にインストールされる場合があります。ドライバーのインストール時に「新しいドライバーがすでにインストールされている」などのメッセージが表示された場合、インストールは不要です。

注意

2ポート 10Gbit対応 有線LANボード(X550-T2)ドライバーの再インストール用データのバックアップ

ドライバーの再インストール用データはCドライブ内に収録されています。
リカバリーメディアからWindowsを再インストールしたり、万一HDD/SSDに不具合が発生した場合には、データは削除されます。
あらかじめバックアップを行っておくことをおすすめします。詳細は下記をご覧ください。

※バックアップ方法は、お使いの製品によって異なります。

目次

インストール手順

※画面デザインは異なる場合があります。

バックアップツールからインストールする場合

1 管理者権限をもつユーザーアカウントでサインインします。

2 起動しているアプリをすべて終了します。

3 デスクトップ上の「バックアップツール」アイコンをダブルクリックします。

デスクトップにアイコンがない場合は、[スタート]-([すべてのアプリ])-[EPSON DIRECT]-[バックアップツール]から起動します。

バックアップツールアイコン

※[バックアップツール]の表示が無い場合は、「Cドライブのデータからインストールする場合」を参照ください。

4 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

5 バックアップツールが起動したら、[インストール]をクリックします。

バックアップツール

6 ソフトウェアの一覧が記載された「バックアップツール」画面が表示されるので、[2ポート 10Gbit対応 有線LANボードドライバー]を選択して[インストール]をクリックします。

バックアップツール

7 以下のいずれかの画面が表示されます。

<「ドライバーのインストール」画面が表示された場合>

7-1 「ドライバーのインストール」画面が表示されるので、[2ポート 10GBit対応 有線LANボードドライバー]をクリックします。

「ドライバーのインストール」画面

7-2 「インストール確認」画面が表示されるので、[OK]をクリックします。

「インストール確認」画面

7-3 ドライバーのインストールが行われるので、しばらく待ちます。

7-4 インストール完了の画面が表示されたら、[はい]または[OK]をクリックします。Windowsが自動的に再起動します。

自動的に再起動しない場合は、開いているすべての画面を閉じて、手動でWindowsを再起動してください。

7-5 Windowsが起動したら、ドライバーのインストールは完了です。

 

<「インテル(R) ネットワーク・コネクション のインストール・ウィザードにようこそ。」と表示された場合>

7-1 「インテル(R) ネットワーク・コネクション のインストール・ウィザードにようこそ。」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

「インテル(R) ネットワーク・コネクション のインストール・ウィザードにようこそ。」画面

7-2 「使用許諾契約」と表示されるので、内容を確認し、内容に同意できる場合は[使用許諾契約の条項に同意します]を選択して[次へ]をクリックします。

「使用許諾契約」画面

7-3 「セットアップ・オプション」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

「セットアップ・オプション」

7-4 「プログラムをインストールする準備ができました」と表示されるので、[インストール]をクリックします。

「プログラムをインストールする準備ができました」

7-5 「インストール・ウィザード完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。

「インストール・ウィザード完了」

7-6 開いているすべての画面を閉じて、Windowsを再起動します。

7-7 Windowsが起動したら、ドライバーのインストールは完了です。
続いてネットワークドライバーの設定を変更します。

7-8 管理者権限をもつユーザー アカウントでサインインします。

7-9 [スタート]を右クリックし、表示されたメニューから[デバイスマネージャー]を選択します。

7-10 「デバイスマネージャー」画面が表示されるので、[ネットワークアダプター]をダブルクリックします。

7-11 下記2つのデバイスが表示されるので、それぞれのプロパティー画面を表示して設定を変更します。

  • Intel(R)Ethernet Converged Network Adapter X550-T2
  • Intel(R)Ethernet Converged Network Adapter X550-T2#2

「デバイスマネージャー」画面

7-12 [Intel(R)Ethernet Converged Network Adapter X550-T2(#2)]をダブルクリックします。

7-13 「Intel(R)Ethernet Converged Network Adapter X550-T2(#2)のプロパティ」画面が表示されるので「詳細設定」タブをクリックします。

7-14 「プロパティ」一覧から[フロー制御]を選択し「値」を[無効]に設定します。

「プロパティー」画面

7-15 [OK]をクリックしてプロパティー画面を閉じます。

「Intel(R)Ethernet Converged Network Adapter X550-T2)」、「Intel(R)Ethernet Converged Network Adapter X550-T2 #2」のデバイス設定を変更したら、ドライバーの設定は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

Cドライブ内のデータからインストールする場合

1 管理者権限をもつユーザーアカウントでサインインします。

2 起動しているアプリをすべて終了します。

3 タスクバーの「エクスプローラー」アイコン「エクスプローラー」アイコンをクリックします。

4 「エクスプローラ」画面が表示されるので、以下のいずれかの手順を実行して隠しファイルを表示します。

※再インストール用データの誤消去を防ぐため、再インストール完了後に隠しファイルの設定は元に戻してください。

<Windows 10の場合>

4-1 「表示」タブ-[隠しファイル]にチェックを付けます。

<Windows 11の場合>

4-1 [表示]-[表示]-[隠しファイル]をクリックします。
クリックすると[隠しファイル]の左側にチェックマークが表示されます (もう一度クリックするとチェックが外れます)。

5 「PC」-「Windows(C:)」-「ProgramData」-「EPSON DIRECT」-「Backup Tool」-「Lanboard_X550」フォルダーを開きます。

6 「EDCInst(.exe)」または「PROWinx64(.exe)」をダブルクリックします。

7 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

8 「バックアップツールからインストールする場合」 - 手順7へ進みます。

pagetopこのページの先頭へ

バックアップデータからインストールする場合

1 管理者権限をもつユーザーアカウントでサインインします。

2 起動しているアプリをすべて終了します。

3 バックアップデータの入ったUSB機器をパソコンにセットします。

3-1 画面右下にメッセージが表示されたら、メッセージをクリックし、表示されたメニューから[フォルダーを開いてファイルを表示]を選択します。手順4へ進みます。

※画面右下にメッセージが表示されない場合は、タスクバーの「エクスプローラー」「エクスプローラー」アイコン - [PC]を選択して、USB機器をダブルクリックします。

メッセージをクリック

4 USB機器内のデータが表示されたら、バックアップしたフォルダー内を確認します。

<「Backup Tool」フォルダーがある場合>

4-1 「Backup Tool」-「Lanboard_X550」フォルダー内にある「EDCInst(.exe)」または「PROWinx64(.exe)」をダブルクリックします。

4-2 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。「バックアップツールからインストールする場合」 - 手順7へ進みます。

<フォルダー直下に「EPSONInst(.exe)」がある場合>

4-1 「EPSONInst(.exe)」をダブルクリックします。

「EPSONInst.exe」アイコン

4-2 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

4-3 「バックアップツール」画面が表示されるので、[2ポート 10Gbit対応 有線LANボードドライバー]を選択して[インストール]をクリックします。

バックアップツール

4-4 「バックアップツールからインストールする場合」 - 手順7へ進みます。

pagetopこのページの先頭へ

アンインストール手順 (Windows 10のみ)

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでサインインします。

2 起動しているアプリをすべて終了します。

3 [スタート]を右クリックし、表示されたメニューの一覧から[アプリと機能]を選択します。

4 「アプリと機能」の一覧から[Intel(R) Network Connections XX.X.XXX.X]を選択して[アンインストール]をクリックします。(「X」は数字)

※一覧に[Intel(R) Network Connections XX.X.XXX.X]が表示されていない場合、アンインストール作業は不要です。ドライバーを再インストールする場合は、アンインストールせず、上書きでインストールしてください。

「アプリと機能」画面

5 「このアプリとその関連情報がアンインストールされます。」と表示されるので、[アンインストール]をクリックします。

このアプリとその関連情報がアンインストールされます。

6 「オプションの削除」と表示されるので、[削除]をクリックします。

「オプションの削除」

7 「選択されたコンポーネントをこのコンピューターから削除してもよろしいですか?」と表示されるので、[はい]をクリックします。

 「選択されたコンポーネントをこのコンピューターから削除してもよろしいですか?」

8 「インストール・ウィザード完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。

「インストール・ウィザード完了」

9 「アプリと機能」の一覧から[Intel(R) Network Connections XX.X.XXX.X]が消えたら、開いているすべての画面を閉じます。

10 開いているすべての画面を閉じて、Windowsを再起動します。

Windowsが起動したら、ドライバーのアンインストールは完了です。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR8200 MR8200E MR8300 MR8300-R MR8400 Pro9000 Pro9050a Pro9100
コンパクトPC
MR4800E MR4900 SG100E
OS
Windows 10 Windows 11
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった