Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:37210
PCを初期状態に戻す方法(Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC)

このページでは、Windowsを再インストールしてパソコンを初期状態に戻す方法を説明します。

注意

重要事項

  • 当社製以外のUEFIへのアップデートは絶対にしないでください。当社製以外のUEFIにアップデートすると、再インストールができなくなります。
  • 再インストール方法に関する、最新情報を記載した紙類が添付されている場合があります。梱包品を確認して、紙類が添付されている場合は、その手順に従って作業をすすめてください。
  • お使いの製品によっては、PCを初期状態に戻した後にドライバーの再インストールや、アプリの再設定などが必要になる場合があります。詳しくは、製品に添付のマニュアルをご確認ください。
  • このコンテンツの手順は、購入時のシステム構成を前提にしています。再インストールはUEFIの設定とシステム構成を購入時の状態に戻して行うことをおすすめします。
  • Cドライブ(Windowsがインストールされているドライブ)の領域変更は動作保証していません。領域変更を行うと、Windowsの再インストール(PCを初期状態に戻す)が実行できなくなる可能性があります。
  • 再インストールは、管理者アカウントでサインインして行ってください。
  • 「Lockdown Setting Tool」の使用時は、必要に応じて設定をエクスポートしてください。
    詳しくは、製品に添付のマニュアル「Lockdown Setting Tool取扱説明書」(電子マニュアル)をご覧ください。

※画面デザインが異なる場合があります。
※本コンテンツの内容は2019年11月時点の情報に基づいています。

目次

再インストールとは

パソコンにトラブルが発生したときに、再インストールを行うと、トラブルが解決する場合があります。
再インストール方法には、次の2つがあります。目的や状況に応じた方法を選択してください。
重要なデータはあらかじめバックアップを行っておいてください。

<個人用ファイルを保持して再インストール>
Windowsが正常に動作できないときや動作が不安定になった場合には、個人用のファイルを保持して再インストールします。
作成したアカウントは保持されます。

<すべてを削除して再インストール>
次のような場合は、すべてを削除してWindowsを再インストールします。
作成したアカウントは削除されます。

  • 「個人用ファイルを保持して再インストール」を行っても問題が改善しない場合
  • インストールしたアプリや保存したデータをすべて削除して、初期状態に戻したい場合

ワンポイント

添付のマニュアルもあわせてご確認ください

パソコンに添付のマニュアルには、再インストール手順や再インストール後の作業について、機種固有の情報が記載されている場合があります。再インストールを行う際は、事前にマニュアルの内容もご確認ください。

お使いのパソコンに添付されたものと同内容のマニュアルは、当社ダウンロードページからダウンロードすることができます。
下記ページで製造番号を入力して検索してください。

pagetopこのページの先頭へ

個人用ファイルを保持して再インストールする方法

Windowsが正常に動作できないときや動作が不安定になった場合には、個人用のファイルを保持して再インストールします。
※バッテリー搭載機種の場合、再インストールはACアダプターを接続した状態で行ってください。

Windowsが起動できる場合は、次の手順で再インストールを行います。

1 管理者アカウントでサインインします。

2 スタート-[設定(設定)]をクリックします。

3 「設定」画面が表示されるので、[更新とセキュリティ]をクリックします。

「設定」画面

4 [回復]をクリックし、「このPCを初期状態に戻す」の[開始する]をクリックします。

「設定」画面

5 「オプションを選択してください」と表示されたら、[個人用ファイルを保持する]をクリックします。

オプションを選択してください

6 「お使いのアプリは削除されます」と表示された場合は、[次へ]をクリックします。

7 「このPCをリセットする準備ができました」と表示されたら、[リセット]をクリックします。

このPCをリセットする準備ができました

8 「このPCを再設定しています」と表示され、しばらくするとパソコンが再起動します。

このPCを再設定しています

9 処理が開始されます。
処理には約1時間かかります。処理中はキーボードやマウスを操作しないでください。

処理が開始されます。

10 処理が終了するとデスクトップが表示されます。
デスクトップが表示されたら、再インストールは完了です。

再インストール後の作業

Lockdown機能を使用するために、次の設定を行ってください。

1 [スタート]を右クリック-「アプリと機能」-「プログラムと機能」-画面左の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

2 「Windowsの機能」画面が表示されたら、「Device Lockdown」の次の項目にチェックを付けます。

  • ・Shell Launcher
  • ・キーボードフィルター
  • ・総合書き込みフィルター

「Windowsの機能」画面

3 [OK]をクリックして画面を閉じます。

これで作業は完了です。

ワンポイント

ドライバ―やアプリの再設定

お使いの製品によっては、PCを初期状態に戻した後にドライバーの再インストールや、 アプリの再設定などが必要になる場合があります。詳しくは、製品に添付のマニュアルをご確認ください。 

pagetopこのページの先頭へ

すべてを削除して再インストールする方法

「個人用ファイルを保持して再インストール」を行っても問題が改善しない場合、または、インストールしたアプリや保存したデータをすべて削除して、初期状態に戻したい場合に本操作を行ってください。
※バッテリー搭載機種の場合、再インストールはACアダプターを接続した状態で行ってください。

注意

  • Cドライブの設定やデータ、ユーザー アカウントは再インストールを行うと消えてしまいます。可能な場合は、再インストールの前に設定を書き写したり、バックアップを行ってください。
  • 「Lockdown Setting Tool」の使用時は、必要に応じて設定をエクスポートしてください。
    詳しくは、製品に添付のマニュアル「Lockdown Setting Tool取扱説明書」(電子マニュアル)をご覧ください。

Windowsが起動できる場合は、次の手順で再インストールを行います。

1 管理者アカウントでサインインします。

2 スタート-[設定(設定)]をクリックします。

3 「設定」画面が表示されるので、[更新とセキュリティ]をクリックします。

「設定」画面

4 [回復]をクリックし、「このPCを初期状態に戻す」の[開始する]をクリックします。

「設定」画面

5 「オプションを選択してください」と表示されたら、[すべて削除する]をクリックします。

オプションを選択してください

6 「このPCを職場用に設定したままにする」と表示された場合は、[はい]をクリックします。

このPCを職場用に設定したままにする

7 「PCに複数のドライブがあります」と表示された場合は、[Windowsがインストールされているドライブのみ]を選択します。

PCに複数のドライブがあります

8 「ドライブのクリーニングも実行しますか?」と表示された場合は、[ファイルの削除のみ行う]をクリックします。

ドライブのクリーニングも実行しますか?

9 「このPCをリセットする準備ができました」と表示されたら、[リセット]をクリックします。

このPCをリセットする準備ができました

10 「このPCを再設定しています」と表示され、しばらくするとパソコンが再起動します。

このPCを再設定しています

11 処理が開始されます。
処理には約1時間かかります。処理中はキーボードやマウスを操作しないでください。

処理が開始されます。

12 セットアップの画面が表示されるので、画面の指示に従ってWindowsのセットアップを行います。
セットアップが終了してデスクトップが表示されたら、再インストールは完了です。

再インストール後の作業

Lockdown機能を使用するために、次の設定を行ってください。

1 [スタート]を右クリック-「アプリと機能」-「プログラムと機能」-画面左の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

2 「Windowsの機能」画面が表示されたら、「Device Lockdown」の次の項目にチェックを付けます。

  • ・Shell Launcher
  • ・キーボードフィルター
  • ・総合書き込みフィルター

「Windowsの機能」画面

3 [OK]をクリックして画面を閉じます。

これで作業は完了です。

ワンポイント

ドライバ―やアプリの再設定

お使いの製品によっては、PCを初期状態に戻した後にドライバーの再インストールや、 アプリの再設定などが必要になる場合があります。詳しくは、製品に添付のマニュアルをご確認ください。 

pagetopこのページの先頭へ


 
タワーPC/サーバー
JM8200 JM8300
コンパクトPC
JA994 JA997 JE20 JG100 JM4800 JM4900 JS40 JS50 JS55 JS190 JS200
ノートPC/タブレット
JE94 JL1000 JN520 JN521 JN521-2 JN4300 JN4300-2 JN7000 JT22 JT40 JT50 JT40-2 JT70 JT51
OS
Windows 10 IoT Enterprise
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった