Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:36646
リモートデスクトップの使用手順(Windows 10)

「リモートデスクトップ」を使用すると、たとえば外出先のパソコンから会社のパソコンに接続して、デスクトップ上でアプリを実行したりファイルを編集したりすることができます。リモートデスクトップを使用するには、あらかじめ「ホストPC (接続される側)」で設定を行う必要があります。
ここでは、ホストPCの設定を行う方法と、「クライアントPC (接続する側)」からホストPCに接続する方法を説明します。

※Windows 10 Homeは、リモートデスクトップのホストPCとして使用することはできません。
※本コンテンツの内容は2020年7月時点の情報に基づいています。

目次

※画面デザインは異なる場合があります。

ホストPCの設定

リモートデスクトップを使用するには、あらかじめホストPC (接続される側)で以下の設定を行います。

1. ユーザーアカウントのパスワードを設定する

ユーザーアカウントにパスワードを設定します。パスワードの設定方法については下記コンテンツをご覧ください。

ワンポイント

  • ユーザーアカウントが複数ある場合は、リモートデスクトップの接続に使用するユーザーアカウントにパスワードを設定します。
  • 管理者アカウント、標準ユーザーアカウントのいずれの場合でもパスワードの設定が必要です。

2. リモートデスクトップを有効にする

1 管理者権限を持つアカウントでサインインします。

2 スタート-[設定(設定)]-[システム]をクリックします。

3 [リモートデスクトップ]をクリックし、「リモートデスクトップを有効にする」のスライドバーをクリックして「オン」に切り替えます。

「リモートデスクトップ」画面

4 「リモートデスクトップを有効にしますか?」と表示されるので、[確認]をクリックします。

「リモートデスクトップを有効にしますか?」

ワンポイント

ホストPCがスリープ状態の間は、クライアントPCからリモート接続することができません。
そのため、「PCが電源に接続されている場合は、接続のためにPCを起動状態に保つ」のチェックが外れている場合は、[設定の表示]をクリックして、スリープ状態へ移行する時間を「なし」に変更することをおすすめします。

「リモートデスクトップ」画面

51. ユーザーアカウントのパスワードを設定する」で設定したユーザーアカウントの種類によって、以下のいずれかの手順を実行します。

<管理者アカウントの場合>

5-1 画面右上の[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じ、「3. Windowsのファイアウォールを設定する」へ進みます。

<標準ユーザーアカウントの場合>

5-1 「ユーザーアカウント」の[このPCにリモートでアクセスできるユーザーの選択]をクリックします。手順6へ進みます。

「リモートデスクトップ」画面

6 「リモートデスクトップユーザー」画面が表示されるので、[追加]をクリックします。

「リモートデスクトップユーザー」画面

7 「ユーザーの選択」画面が表示されるので、[選択するオブジェクト名を入力してください]テキストボックスに、
1. ユーザーアカウントのパスワードを設定する」でパスワードを設定したユーザーアカウント名を入力し、[OK]をクリックします。

「ユーザーの選択」画面

8 手順7で入力したユーザーアカウント名が入力されていることを確認し、[OK]をクリックします。

「リモートデスクトップユーザー」画面

9 画面右上の[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じます。

3. Windowsのファイアウォールを設定する

1 スタート-[設定(設定)]-[更新とセキュリティ]をクリックします。

2 [Windows セキュリティ]をクリックし、[Windows セキュリティを開く]をクリックします。

「設定」画面

3 「Windows セキュリティ」画面が表示されるので、「ファイアウォールとネットワーク保護」を選択します。

「Windows セキュリティ」画面

4 「ファイアウォールとネットワーク保護」と表示されるので、[ファイアウォールによるアプリケーションの許可]をクリックします。

ファイアウォールとネットワーク保護

5 「許可されたアプリ」画面が表示されるので、「許可されたアプリおよび機能」の一覧から[リモートデスクトップ]および、右側の[プライベート]、[パブリック]の各項目にチェックが付いていることを確認します。チェックが付いていれば、ホストPCの設定は完了です。

「許可されたアプリ」画面

チェックが付いていない場合は、次の操作を行います。

5-1 [設定の変更]をクリックします。

「許可されたアプリ」画面

5-2 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。標準ユーザーアカウントでサインインしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[はい]をクリックします。

5-3 [リモートデスクトップ]、[プライベート]、[パブリック]にチェックを付けて、[OK]をクリックします。

「許可されたアプリ」画面

pagetopこのページの先頭へ

クライアントPCから接続する

注意

接続している間、ホストPCはロック画面になります。ホストPC側でサインインの操作を行うと接続は切断されますので、ご注意ください。

1 スタート‐([すべてのアプリ])‐[Windows アクセサリ]‐[リモートデスクトップ接続]をクリックします。

※タブレットモードが有効になっている場合は、画面左側のすべてのアプリをタップすると、すべてのアプリ一覧が表示されます。

2 「リモートデスクトップ接続」画面が表示されるので、ホストPCのコンピューター名を入力して[接続]をクリックします。

※コンピューター名の代わりに、ホストPCのIPアドレスを入力して接続することもできます。

「リモートデスクトップ接続」画面

3 「Windows セキュリティ」画面が表示されるので、「ホストPCの設定」-「1. ユーザーアカウントのパスワードを設定する」で設定したユーザーアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

※Microsoftアカウントの場合、「ユーザー名」にはMicrosoftアカウントに登録しているメールアドレスを入力します。

「Windows セキュリティ」画面

4 「このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?」と表示された場合は、[はい]をクリックします。

「このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?」

ワンポイント

ホストPC側で別のユーザーアカウントがサインインしていると、「別のユーザーがサインインしています。」と表示されます。
[はい]をクリックすると接続されますが、ホストPC側で接続をキャンセルすることもできます。

「別のユーザーがサインインしています。」

5 ホストPC側の画面が表示されます。

接続している間は、ホストPCを直接操作するのと同じように操作できます。

このページの先頭へ

リモートデスクトップを切断する

クライアントPCからリモートデスクトップを切断するには、以下の2つの方法があります。

※ホストPC上でアプリを実行している場合、通常はセッションを終了しないで切断します。
※複数のクライアントPCからホストPCに接続する場合などは、セッションを終了することをおすすめします。

セッションを終了しないで切断する方法

1 スタートを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、表示されたメニューから[シャットダウンまたはサインアウト]を選択して[切断]をクリックします。

[シャットダウンまたはサインアウト]

ワンポイント

セッションを終了せずに切断すると、ホストPCではプログラムが実行されたままになります。そのため、次回接続した際には切断したときの状態から続行することができます。

セッションを終了して切断する方法

※編集中のファイルがある場合は、あらかじめファイルを保存してから以下の操作を行ってください。

1 スタートを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、表示されたメニューから[シャットダウンまたはサインアウト]を選択して[サインアウト]をクリックします。

[シャットダウンまたはサインアウト]

ワンポイント

実行中のプログラムがあると、アプリを閉じることを知らせる画面が表示される場合があります。その場合は、[強制的にサインアウト]をクリックして切断してください。

pagetopこのページの先頭へ

ホストPCをシャットダウンする

クライアントPCからリモート接続しているホストPCをシャットダウンすることができます。

1 スタート-[電源(電源)]をクリックします。

2メニューが表示されたら、[シャットダウン]をクリックします。

[シャットダウン]をクリック

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MR7400 MR7400E MR8000 MR8000E-L MR8100 MR8100E MR8200 MR8200E MR8300 MR8300-R MR8400 MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro5700 Pro5800 Pro5900 Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M Pro9000 Pro9050a Pro9100 TY5000S TY5100S Pro9200
コンパクトPC
AT10 AT10-V AT10-AC AT20 AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT993E AT994E AT995E AT997 AT997E AT997-2 AT997E-2 AT998 AT998E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S AY331S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E MR4600E MR4700E MR4800E MR4900 MR5000 NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S SG100E ST10E ST11E ST20E ST40E ST50 ST50E ST55E ST125E ST150E ST160E ST170E ST180E ST190 ST190E ST200E SY01 TD160E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA513E NA513E-V NA520E NA521E NA521E-2 NA601E NA710E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ4000E NJ4100E NJ4100E-V NJ4100E-AC NJ4300 NJ4300E NJ4300E-AC NJ4400E NJ4400E-2 NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NJ6000E NJ6100E NJ7000E NJ7500E NL1000E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY2500S-Y NY2500S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E TN20E TN21E TN22 TN30E TN40 NA711E NL2000E
OS
Windows 10
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった