Support
Shop
エプソンダイレク トサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:30334
BitLocker To Goの使用方法

Windows 7 Ultimateでは、HDD暗号化機能「BitLocker」を使用することができます。BitLockerの拡張機能である「BitLocker To Go」では、リムーバブルデバイス(USBフラッシュメモリー、USB外付けハードディスクなど)に保存されている全てのファイルを暗号化することができ、物理的な紛失によるデータの盗難、または流出を防ぎます。

BitLocker To Goは、いつでも無効に設定することができます。また、別のリーバブルデバイスやコンピューター内に暗号化ファイルを移動・コピーした場合は、自動的に暗号化が解除されます。

注意

  • リムーバブルデバイスがロックされてしまった場合、ロックを解除するにはBitLocker To Goの回復キーが必要です。BitLocker To Goの使用時は必ず回復キーを作成してください。
  • BitLocker To Goの設定を行う前には、リムーバブルデバイス内の重要なファイルとデータをバックアップしていただくことをおすすめします。

目次

BitLocker To Goを有効にする方法

ここでは例として、USBフラッシュメモリーをコンピューターに接続して、暗号化する手順を説明します。

1コンピューターを起動し、リムーバブルデバイスを接続します。

2[スタート]-[コンピューター]をクリックします。

3「コンピューター」画面が表示されるので、[リムーバブル記憶域があるデバイス]内のリムーバブルデバイスのアイコンを右クリックし、表示されるメニューより[BitLocker を有効にする]をクリックします。

「コンピューター」画面

4「このドライブのロック解除方法を選択する」と表示されるので、ドライブのロックを解除する方法を選択して、[次へ]をクリックします。

以下の画像では、パスワードを使用してドライブのロックを解除する方法として、[パスワードを使用してドライブのロックを解除する]にチェックを入れ、任意のパスワードを入力しています。

なお、パスワードには大文字・小文字・数字・空白文字・記号の全てを含める必要があります。

「このドライブのロック解除方法を選択する」画面

5「回復キーの保存方法を指定してください。」と表示されるので、次のとおり作業を続けます。

  • 回復キーをファイルに保存する場合
  • 回復キーを印刷する場合
  • 回復キーをファイルに保存する場合

    5-1[回復キーをファイルに保存する]をクリックします。

    「回復キーの保存方法を指定してください。」画面

    5-2「BitLocker 回復キーに名前を付けて保存」画面が表示されるので、保存場所を選択して、[保存]をクリックします。

    「BitLocker 回復キーに名前を付けて保存」画面

    回復キーを印刷する場合

    5-1[回復キーを印刷する]をクリックします。

    「回復キーの保存方法を指定してください。」画面

    5-2「印刷」画面が表示されるので、任意にプリンターの設定をおこない、[印刷]をクリックします。

    「印刷」画面

6「回復キーの保存方法を指定してください。」と表示される画面に戻るので、[次へ]をクリックします。

「回復キーの保存方法を指定してください。」画面

7「このドライブを暗号化する準備ができましたか?」と表示されるので、[暗号化の開始]をクリックします。

「このドライブを暗号化する準備ができましたか?」画面

8「暗号化しています...」と表示されるので、しばら待ちます。

「暗号化しています...」画面

9「*:の暗号化が完了しました。」と表示されるので、[閉じる]をクリックします(「*」にはドライブ文字が入ります)。これで、BitLocker To Goを有効にしてUSBフラッシュメモリーを暗号化する設定は完了です。

「*:の暗号化が完了しました。」画面

pagetopこのページの先頭へ

BitLocker To Goを無効にする方法

ここでは例として、USBフラッシュメモリーでBitLocker To Goを無効にする手順を説明します。

1コンピューターを起動し、BitLocker To Goを無効にしたいリムーバブルデバイスを接続します。

2[スタート]-[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]をクリックして表示される画面より、[BitLocker ドライブ暗号化]をクリックします。

※アイコン表示の場合は、[スタート]-[コントロールパネル]-[BitLocker ドライブ暗号化]をダブルクリックします。

3「ドライブを暗号化することで、ファイルとフォルダーの保護を強化します。」と表示されるので、[BitLocker ドライブ暗号化 - BitLocker To Go]-[BitLocker を無効にする]をクリックします。

「ドライブを暗号化することで、ファイルとフォルダーの保護を強化します。」画面

4「BitLocker を無効にする」と表示されるので、[ドライブの暗号化解除]をクリックします。

「BitLocker を無効にする」画面

5「暗号化を解除しています...」と表示されるので、しばらく待ちます。

「暗号化を解除しています...」画面

6「*:の暗号化解除が完了しました。」と表示されるので、[閉じる]をクリックします。これで、USBフラッシュメモリーでBitLocker To Goを無効にする設定は完了です(「*」にはドライブ文字が入ります)。

「*:の暗号化解除が完了しました。」画面

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S
OS
Windows 7
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった