Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:30080
リカバリーDVDを使用して、Windows XP / Windows VistaのデータをWindows 7に転送する
Windows 7のリカバリーDVDに収録されている「Windows 転送ツール」を使って、「Windows XP」または「Windows Vista」の設定やファイルなどのデータをそのまま「Windows 7」のコンピューターへ転送することができます。

Windows 7のリカバリーDVDに収録されているWindows 転送ツールでデータ移行

ワンポイント

リカバリーDVDを使用しないでデータを転送する

光ディスクドライブが搭載されていない製品などには、リカバリーDVDを使用しないで「Windows 転送ツール」を行う方法があります。詳細は、下記コンテンツをご覧ください。

注意

64ビットと32ビット

    次のバージョンが異なるWindows間では、データの転送はできません。

  • 64ビットのバージョンのWindowsから32ビットのバージョンのWindowsへの転送
  • 32ビットのバージョンのWindowsから64ビットのバージョンのWindowsへの転送

作業を始める前にご確認ください

    転送方法
    次のいずれかの方法で、データを転送することができます(※転送に必要な下記機材についてはあらかじめご用意ください。)

  • 転送ツールケーブルを使って両方のコンピューターをつないで転送する
  • ネットワーク接続を利用して直接転送する
  • 光ディスクメディア、USBメモリー、外付けハードディスクドライブ(HDD)などを利用する

    転送できる内容

  • ユーザーアカウント
  • 個人用ファイル/フォルダー
  • アプリケーションソフトの設定
  • Internet Explorerの設定とお気に入り
  • 電子メールの設定、アドレス帳()、メッセージ()
    お使いのメールソフトによっては、転送できない場合があります。詳しくは下記「電子メールデータの転送に関する注意」をご覧ください。

<電子メールデータの転送に関する注意>

  • データの転送が完了するまでは、転送先でWindows Liveメールを起動しないでください。
    Windows Liveメールの初回起動時に、メールデータが見つかると自動的にインポートされます。転送前に起動してしまった場合は、Windows Liveメールをアンインストールしてから再インストールしてください。
  • Windows XPのOutlook Express5/6や、Windows VistaのWindows メールをお使いの場合は、あらかじめ転送元でメールソフトをWindows Live メールにアップグレードする必要があります。
    Windows Live メールにアップグレードしないと正しくデータを移行できない場合があります。アップグレードの手順や制限事項については、下記マイクロソフト社のページをご覧ください。
  • マイクロソフト社 > Windows 7 でメールを快適に使おう
    ※2014年8月28日時点の情報です。リンク先のページは予告なく内容が変更またはリンク切れとなる場合があります。

転送方法

注意

管理者権限

この機能を実行できるのは、管理者のみです。標準ユーザーは実行できないので、注意してください。

コンピューターにACアダプターを接続してください

ACアダプターが添付されているコンピューターで作業を行う場合は、必ずACアダプターを接続した状態で行ってください。

手順は以下のとおりです。
※画面デザインは異なる場合があります。

転送元の古いコンピューター(Windows XP / Windows Vista)のデータをバックアップする

まずは、転送元の古いコンピューター(Windows XPまたはWindows Vista)上で、Windows 7のリカバリーDVDに収録されているWindows 転送ツールを起動して、データをバックアップします。

1転送元の古いコンピューターの光ディスクドライブ(DVDメディアが読み込めるドライブ)に、「Windows 7のリカバリーDVD」、
または「Windows 7アップグレードDVD」をセットします。

2「Windows が実行する動作を選んでください。」または「自動再生」画面が表示された場合は、[キャンセル]または[×](閉じるボタン)をクリックします。

3次の手順を実行します。

<Windows XPの場合>

3-1[スタート]-[ファイル名を指定して実行]を選択します。

<Windows Vistaの場合>

3-1[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[ファイル名を指定して実行]を選択します。

4「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、[名前]に「D:\Install\support\migwiz\migsetup.exe」と入力して
[OK]をクリックします(光ディスクドライブがDドライブの場合)。

5「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は[続行]をクリックします。

6「Windows 転送ツールへようこそ」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

7「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」と表示されるので、[外付けハード ディスクまたは
USB フラッシュ ドライブ]を選択します。

ここでは例として、USBメモリーにバックアップを取ります。

項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。

8「現在使用しているコンピューター」と表示されるので、[これは今までのコンピューターです]を選択します。

9「このコンピューターから転送する内容を選択します」と表示されるので、転送するデータにチェックを付けて[次へ]をクリックします。

このコンピューターから転送する内容を選択します

ワンポイント

カスタマイズする

「カスタマイズ」をクリックすると、バックアップに含めるデータを選択できます。

このコンピューターから転送する内容を選択します-カスタマイズ

10「転送するファイルおよび設定を保存します」と表示されるので、パスワードを入力して[保存]をクリックします。
パスワードを使用しない場合は空欄のまま[保存]をクリックします。

※ここで設定したパスワードは、バックアップしたデータを復元するときに必要となります。必ずメモをしてください。

転送するファイルおよび設定を保存します

11「転送ツール ファイルの保存」画面が表示されるので、USBメモリーなどのメディアをセットしてから、保存先を選択して[保存]をクリックします。

保存されるバックアップデータのファイル名は初期設定で、「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目」となっています。

12「転送のためのファイルと設定が保存されました」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

13「転送ファイルが作成されました」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

14「このコンピューター上でのWindows 転送ツールの処理は完了しました。」と表示されるので、[閉じる]をクリック
します。

15ファイルを保存したメディアをコンピューターから取り外し、光ディスクドライブからDVDを取り出します。

これで、バックアップは完了です。

バックアップしたデータを転送先の新しいコンピューター(Windows 7)に転送する

ここからは、転送先の新しいコンピューター(Windows 7)上での操作です。

1転送先の新しいコンピューターで、[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[Windows 転送ツール]を選択します。

2「Windows 転送ツールへようこそ」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

3「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」と表示されるので、[外付けハード ディスクまたは
USB フラッシュ ドライブ]を選択します。

ここでは例として、USBメモリーにコピーしたデータを新しいコンピューターへ転送します。

項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。

4「現在使用しているコンピューター」と表示されるので、[これは新しいコンピューターです]を選択します。

現在使用しているコンピューター

5「Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハード ディスクまたはUSB フラッシュ ドライブに保存済みですか?」と表示されるので、[はい]を選択します。

Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハード ディスクまたはUSB フラッシュ ドライブに保存済みですか?

6「転送ツール ファイルを開く」画面が表示されるので、データをコピーしたUSBメモリーをセットしてからファイルの場所を指定して、[開く]をクリックします。

ここでは例として、「リムーバブルディスク」(USBメモリー)内のバックアップファイル「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目」を指定します。

「転送ツール ファイルを開く」画面

7[転送元の古いコンピューター(Windows XP / Windows Vista)のデータをバックアップする]-手順10でパスワードを設定した場合は、パスワードを入力して[次へ]をクリックします。

表示されない場合は、次の手順へ進みます。

転送ファイルの保護に使用したパスワードを入力し、転送を開始します

8「このコンピューターに転送する内容を選択します」と表示されるので、転送するデータにチェックを入れて、[転送]をクリックします。

データ転送が開始されます。

このコンピューターに転送する内容を選択します

9「転送が完了しました」と表示されるので、[転送された内容の確認]をクリックします。

10「Windows転送ツール レポート」画面が表示されるので、「転送レポート」タブ、「プログラム レポート」タブをそれぞれクリックして内容を確認します。

確認が終わったら、[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じます。
※「プログラム レポート」タブは転送内容によっては表示されない場合があります。

ワンポイント

転送された内容はWindows 転送ツールレポートに保存されているので、後から確認することもできます。

  • [スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[Windows 転送ツール レポート]

「Windows転送ツール レポート」画面

11「転送が完了しました」と表示された画面で、[閉じる]をクリックします。

「Windows転送ツール」画面

12「転送を完了するには、コンピューターを再起動してください」と表示されるので、[今すぐ再起動する]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

13コンピューターが起動したら、転送先へのデータの転送は終了です。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S
OS
Windows 7
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった