Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:29400
Internet Explorer 8/9/10/11 : これまでに追加したアドオンを無効にした状態で起動する方法

古いバージョンのInternet Explorer向けに作成されたアドオンやプログラムエラーが存在するアドオンなどを追加した場合に、Internet Explorerが強制終了されたり、不要なコンテンツ(ポップアップ広告など)が表示されたりする現象が発生することがあります。
このような場合は追加したアドオンを無効にした状態でInternet Explorerを起動し、現象が解消されるかどうかを確認します。

ワンポイント

アドオンとは

  • アドオンは、Webブラウザーに機能を追加するプログラムです。例えば、追加のツールバー、アニメーションのマウスポイント、対話型のWebコンテンツなどがあります。通常は、追加したアドオンは問題なく使用することができます。
  • アドオンは、ActiveXコントロール、プラグイン、ブラウザー拡張、ブラウザーヘルパーオブジェクトとも呼ばれることがあります。
  • アドオンを無効にすると、Webページによっては正しく表示されなくなる場合があります。

Windows 10の場合、OS標準のブラウザーは「Microsoft Edge」です。Internet Explorerは、Microsoft Edgeで正常に表示できないページがあった場合などに使用します。Microsoft Edgeの操作方法は、下記コンテンツをご覧ください。

目次

※画面デザインは異なる場合があります。

すべてのアドオンを一時的に無効にする手順

1以下のいずれかの手順を実行します。

Windows 7

1-1[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]-[Internet Explorer (アドオンなし)]を選択します。

Windows 8

1-1チャームの[検索]-[アプリ]を選択し、アプリ一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
タッチ操作の場合は、画面の右側からスワイプしてチャームを表示します。

1-2「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、「名前」に「iexplore.exe□–extoff」と入力して[OK]をクリックします(□は半角スペース)。

Windows 8.1

1-1スタート画面の左下の下矢印アイコンをクリックし「アプリ」画面で[ファイル名を指定して実行]を選択します。

タッチ操作の場合、スタート画面左下の下矢印アイコンをタップ、または画面の下から上にスワイプ(スワイプアップ)し、
「アプリ」画面で[ファイル名を指定して実行]を選択します。

1-2「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、「名前」に「iexplore.exe□–extoff」と入力して[OK]をクリックします(□は半角スペース)。

Windows 10

1-1[スタート]を右クリック (タッチ操作の場合は長押し)して表示された一覧から[ファイル名を指定して実行]を選択します。

1-2「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、[名前]に「iexplore.exe□–extoff」と入力して[OK]をクリックします(□は半角スペース)。

2すべてのアドオンが無効な状態でInternet Explorerが起動するので、[ホーム]をクリックします。

<Internet Explorer 8>

[ホーム]をクリック

<Internet Explorer 9/10/11>

[ホーム]をクリック

3すべてのアドオンが無効な状態でホームページが表示されます。

ワンポイント

Internet Explorerを閉じ、通常の方法で起動し直すとアドオンが有効に戻ります。

pagetopこのページの先頭へ

特定のアドオンを無効にする手順

1Internet Explorerを起動します。

2以下のいずれかの手順を実行します。

Internet Explorer 7/8の場合

2-1[ツール]-[アドオンの管理]を選択します。

[ツール]-[アドオンの管理]を選択

Internet Explorer 9/10/11の場合

2-1画面右上の ツール をクリックし、[アドオンの管理]を選択します。

[アドオンの管理]を選択

3「アドオンの管理」画面-[ツール バーと拡張機能]が表示されるので、[表示]から「すべてのアドオン」を選択し、無効にしたいアドオンを選択して[無効にする]をクリックします。

「アドオンの管理」画面

4「このアドオンを無効にしますか?」と表示された場合は、[無効にする]をクリックします。

このアドオンを無効にしますか?

5[閉じる]をクリックして「アドオンの管理」画面を閉じます。

[閉じる]をクリック

6Internet Explorerを再起動すると、アドオンが無効な状態で起動します。

ワンポイント

無効にしたアドオンを有効に戻したい場合は、「アドオンの管理」画面にて[有効にする]に設定変更します。

有効にする

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MR7400 MR7400E MR8000 MR8000E-L MR8100 MR8100E MR8200 MR8200E MR8300 MR8300-R MR8400 MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro5700 Pro5800 Pro5900 Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M Pro9000 Pro9050a Pro9100 TY5000S TY5100S Pro9200
コンパクトPC
AT10 AT10-V AT10-AC AT20 AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT993E AT994E AT995E AT997 AT997E AT997-2 AT997E-2 AT998 AT998E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S AY331S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E MR4600E MR4700E MR4800E MR4900 MR5000 NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S SG100E ST10E ST11E ST20E ST40E ST50 ST50E ST55E ST125E ST150E ST160E ST170E ST180E ST190 ST190E ST200E SY01 TD160E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA513E NA513E-V NA520E NA521E NA521E-2 NA601E NA710E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ4000E NJ4100E NJ4100E-V NJ4100E-AC NJ4300 NJ4300E NJ4300E-AC NJ4400E NJ4400E-2 NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NJ6000E NJ6100E NJ7000E NJ7500E NL1000E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY2500S-Y NY2500S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E TN20E TN21E TN22 TN30E TN40 NA711E NL2000E
OS
Windows 10 Windows 7 Windows 8.1
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった