Support
Shop
エプソンダイレク トサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:29102
メモリーのエラーをチェックする(Windows 7)

アプリケーションソフトが頻繁にフリーズしたり、使っている最中に突然終了するなど、アプリケーションソフトの動きが不安定な場合には、原因のひとつとしてメモリーの異常が考えられます。
「Windows メモリ診断」 という、メモリーそのものにエラーがないかをチェックするツールがあります。「Windows メモリ診断」でチェックした結果エラーが確認されたときは、メモリーを交換する必要があります。
なお、「Windows メモリ診断」はその場では実行されず、再起動後に自動的に実行されるので注意してください。

ワンポイント

「Windows メモリ診断」を実行する前に

「Windows メモリ診断」を実行する前には、作業中のデータを保存し、起動しているアプリケーションソフトはすべて終了させてください。

操作方法

※「Windows メモリ診断」の実行には時間がかかります。

1[スタート]ボタン -[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[管理ツール]をクリックします。

2「管理ツール」画面の「Windows メモリ診断」をダブルクリックします。

「管理ツール」画面

3「Windowsメモリ診断」画面で[今すぐ再起動して……(推奨)]をクリックします。

再起動後にメモリーのチェックが始まります。

実行中は何の作業もせずに、終わるまでお待ちください。

「Windowsメモリ診断」画面

4メモリーのチェックが終了するとWindowsが自動的に再起動し、通知領域に結果が表示されます。

メモリ診断の結果

ワンポイント

Windows回復環境(Windows RE)

「メモリ診断ツール」は、本機のHDD内にある「消去禁止領域」内の「Windows回復環境(Windows RE)」から実行することもできます。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S
OS
Windows 7
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった