Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:29062
ファイルのバックアップを行う手順 (Windows 7)

Windows 7では、自動バックアップ機能である「バックアップと復元」を使用して、画像、音楽、ドキュメントなどの個人のファイルやフォルダーのバックアップや、システムイメージのバックアップを作成することができます。「バックアップと復元」画面を表示する手順と、ファイルやフォルダーのバックアップを作成する手順は以下のとおりです。

  • バックアップしたデータを復元する方法は、下記コンテンツをご覧ください。
  • システムイメージを復元する方法は、下記コンテンツをご覧ください。

目次

「バックアップと復元」画面を表示する手順

1[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

2[バックアップの作成]を選択します。

コントロールパネルホーム画面

3「バックアップと復元」画面が表示されます。

バックアップと復元画面

このページの先頭へ

ファイルとフォルダーのバックアップを作成する手順

「バックアップと復元」を使用してファイルやフォルダーのバックアップを作成するには、以下のいずれかの手順を実行します。

はじめてファイルとフォルダーのバックアップを実行する場合

1「バックアップの設定」をクリックします。

バックアップと復元画面

2「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[はい]をクリックします。

3「どこにバックアップを保存しますか?」と表示されるので、作成するバックアップファイルの保存先を選択し、[次へ]をクリックします。

※バックアップの保存先として利用可能なドライブは、以下のとおりです。

  • 内部ハードディスク(Windowsがインストールされているドライブやバックアップしたいデータが保存されているドライブは利用できません)
  • 外部ハードディスク(十分な容量のあるUSBまたはIEEE1394接続の外部ハードディスク)
  • 書き込み可能な光ディスクメディア(CDメディア/DVDメディア/BD(Blu-ray Disc)メディア)
  • ほかのリムーバブルディスク(USBフラッシュドライブは利用できません)
  • ネットワークドライブ(Windows 7 Professional/Ultimateのみ。別のPC、NAS(Network Attached Storage)デバイス、ネットワークに接続されたサーバーも選択できます)

バックアップの設定画面

4「バックアップの対象」と表示されるので、以下のいずれかを選択し[次へ]をクリックします。

※手順2でバックアップファイルの保存先に選択したドライブはバックアップ対象となりません。

<自動選択(推奨)の場合>

4-1[自動選択(推奨)]を選択し、[次へ]をクリックします。

[自動選択]では、システムイメージもバックアップ対象になります。

バックアップの設定画面

<自分で選択する場合>

4-1[自分で選択する]を選択し、[次へ]をクリックします。

バックアップの設定画面

4-2「バックアップの対象」と表示されるので、バックアップに含めるデータファイルにチェックを入れて[次へ]をクリックします。

「次のドライブのシステムイメージを含める」にチェックが入っていると、システムイメージもバックアップされます。

バックアップの設定画面

ワンポイント

種類の選択

データファイルの左に表示されている▽ボタンをクリックするとファイルの種類が選択できます。

バックアップの設定画面

ファイルの種類の詳細は以下のとおりです。

種類 詳細
ピクチャ 写真、クリップアート、描画、スキャンされた画像、FAX、JPEGやPNGを含むイメージファイルです。
ミュージック 音楽、再生リスト、CDトラック、Windows MediaオーディオやMP3ファイルを含むオーディオファイルです。
ビデオ Windows Mediaビデオ、MPEG、AVIを含むビデオとムービーです。
ドキュメント ワードプロセッサファイル、スプレッドシート、PDFやXPSを含むプレゼンテーションなどのドキュメントです。

※以下のファイルはバックアップには含まれません。

  • 暗号化ファイルシステム(EFS)を使用して暗号化されているファイル
  • Windowsの実行に必要なシステムファイル
  • プログラムファイル
  • FATファイルシステムを使用してフォーマットされているハードディスクに保存されているファイル
  • ハードディスクに保存されていないWebベースの電子メール
  • ごみ箱にあるファイル
  • 一時ファイル
  • ユーザープロファイルの設定

5「バックアップ設定の確認」と表示されるので、設定に問題がないことを確認し、[設定を保存してバックアップを実行]をクリックします。

バックアップの設定画面

ワンポイント

スケジュールの変更

「バックアップ設定の確認」画面下にある[スケジュールの変更]をクリックすると自動バックアップのスケジュールを変更できます。

バックアップの設定画面

6「バックアップが進行中です...」と表示されるので、しばらく待ちます。

バックアップと復元画面

7「バックアップと復元」画面に戻ります。以上でファイルのバックアップは完了です。

バックアップと復元画面

このページの先頭へ

以前にファイルとフォルダーのバックアップを実行したことがある場合

<設定を変更しない場合>

1[今すぐバックアップ]をクリックします。

バックアップと復元画面

2「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[はい]をクリックします。

3「バックアップが進行中です...」と表示されるので、しばらく待ちます。

バックアップと復元画面

4「バックアップと復元」画面に戻ります。以上でファイルのバックアップは完了です。

バックアップと復元画面

<設定を変更する場合>

1[設定の変更]をクリックします。

バックアップと復元画面

2「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[はい]をクリックします。

3以降は、「はじめてファイルとフォルダーのバックアップを実行する場合」の手順3~を実行します。

ワンポイント

  • バックアップしたデータを復元する方法は、下記コンテンツをご覧ください。
  • システムイメージを復元する方法は、下記コンテンツをご覧ください。

このページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S
OS
Windows 7
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった