Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:27519
Cドライブのサイズを変更(拡張/縮小)する方法(Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)

HDDを分割して使用している場合に、あとからドライブのサイズを変更することができます。WindowsがインストールされているCドライブのサイズを変更するには、パーティション(領域)を拡張または縮小します。
※分割したひとつひとつの領域を「パーティション」と言います。また、Windowsで使えるように作成した領域を「ドライブ」と言います。

Cドライブのサイズ変更

未分割のHDDをパーティション分割する場合は、下記コンテンツをご覧ください。

 

注意

事前にデータのバックアップを行ってください

手順には「ドライブの削除」が含まれます。ドライブを削除すると、ドライブ内のデータはすべて消去されます。重要なデータがある場合は、作業の前に外付けHDDなどにバックアップしてください。

ワンポイント

Cドライブ内に保存されているデータが多く、十分な空き容量を確保できない場合や、HDD内のデータが断片化している場合など、お使いの環境によって、縮小できるサイズには限界があります。

目次

Cドライブのサイズを拡張する場合

作業イメージ

Cドライブのサイズを拡張するには、Cドライブの右側に「未割り当て」の領域が必要です。ここでは、Dドライブを削除して「未割り当て」の領域を作成してから、Cドライブを拡張する方法を説明します。

Cドライブのサイズを拡張する場合(イメージ図)

操作手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1 管理者アカウントでサインインします。

2 以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

2-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

2-1 [デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

3「コントロール パネル」画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]-「管理ツール」項目の[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]を選択します。

「コントロール パネル」画面

4 「ディスクの管理」画面が表示されるので、Dドライブを右クリックして表示されたメニューから「ボリュームの削除」を選択します。

注意

事前にデータのバックアップを行ってください

「ボリュームの削除」を実行するとDドライブは削除されます。
ドライブを削除するとドライブ内のデータはすべて消去されるため、重要なデータがある場合は、作業の前に外付けHDDなどに
バックアップしてください。

「ディスクの管理」画面

5「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」と表示されるので、[はい]をクリックします。

6Dドライブが削除されて「未割り当て」の領域が作成されたことを確認します。

「ディスクの管理」画面

7 続いて、Cドライブを右クリックして表示されたメニューから「ボリュームの拡張」を選択します。

「ディスクの管理」画面

8「ボリュームの拡張ウィザードの開始」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザードの開始

9「ボリュームの拡張ウィザード」画面が表示されるので、「ディスク領域(MB)を選択」で拡張する容量を入力して[次へ]をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザードの開始

10「ボリュームの拡張ウィザードの完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザードの開始

11 Cドライブが拡張されてCドライブの容量が増えます。

「ディスクの管理」画面

12 Cドライブの右側に「未割り当て」の領域が残されている場合は、続いて「未割り当て」の領域から新しいドライブを作成します。ドライブが「未割り当て」の状態のままでは利用できません。

新しいドライブの作成手順については、下記コンテンツの「パーティションの作成方法」をご覧ください。新しいドライブを作成したら作業は完了です。

「ディスクの管理」画面

pagetopこのページの先頭へ

Cドライブのサイズを縮小する場合

作業イメージ

Cドライブを縮小すると、Cドライブの右側に空き領域(「未割り当て」の領域)が作成されます。この「未割り当て」の領域を使用してCドライブ以外のドライブのサイズが拡張できます。ここでは、Cドライブを縮小し、「未割り当て」の領域を使用してDドライブを拡張する方法を説明します。
Cドライブの縮小で作成された「未割り当て」の領域を使用してDドライブを拡張するには、Dドライブを削除する必要があります。

Cドライブのサイズを縮小する場合(イメージ図)

操作手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1 管理者アカウントでサインインします。

2 以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

2-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

2-1 [デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

3「コントロール パネル」画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]-「管理ツール」項目の[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]を選択します。

「コントロール パネル」画面

4 「ディスクの管理」画面が表示されるので、Cドライブを右クリックして表示されたメニューから「ボリュームの縮小」を選択します。

「ディスクの管理」画面

5「(ドライブ文字)の縮小」画面が表示されたら、「縮小する領域のサイズ」を入力して[縮小]をクリックします。

「(ドライブ文字)の縮小」画面

ワンポイント

Cドライブに割り当てるサイズ

Cドライブに割り当てるサイズは、以下のCドライブに保存されるデータの容量を参考にして決定してください。

  • Windowsやドライバーのインストールに必要な容量 : 約20GB
  • Windows使用中に使用する領域、休止時の状態を保存する領域 : 搭載メモリー容量の2倍
  • アプリケーションのインストールに必要な容量 : アプリケーションに添付の取扱説明書でご確認ください。

お客様ご自身で作成された文書や画像などをCドライブに保存すると必要容量が増えます。
ドライブ分割後は、Cドライブ以外にデータを保存することをおすすめします。

6 Cドライブが縮小されて「未割り当て」領域が作成されたことを確認します。

「ディスクの管理」画面

7 続いて、Dドライブを右クリックして表示されたメニューから「ボリュームの削除」を選択します。

注意

事前にデータのバックアップを行ってください

「ボリュームの削除」を実行するとDドライブは削除されます。
ドライブを削除するとドライブ内のデータはすべて消去されるため、重要なデータがある場合は、作業の前に外付けHDDなどに
バックアップしてください。

「ディスクの管理」画面

8「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」と表示されるので、[はい]をクリックします。

Dドライブが削除されて「未割り当て」の領域が作成されます(手順6で作成された「未割り当て」の領域へ追加されます)。

9「未割り当て」の領域から新しいドライブを作成します。
ドライブが「未割り当て」の状態のままでは利用できません。

新しいドライブの作成手順については、下記コンテンツの「パーティションの作成方法」をご覧ください。新しいドライブを作成したら作業は完了です。

「ディスクの管理」画面

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E SY01 TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E
OS
Windows 7 Windows 8.1
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった