Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:23431
Windows XP / Windows VistaのデータをWindows 8に転送する

「Windows XP」または「Windows Vista」の設定やファイルをそのまま「Windows 8」のコンピューターへ移行したい場合には、
「Windows 転送ツール」を使ってデータを転送することができます。この方法はコンピューターを買い換えた場合などに便利です。

Windows 転送ツールとは

注意

Windows ストア アプリへのデータの転送

Windows 転送ツールは、Windows 8のWindows ストア アプリには対応していません。データをWindows ストア アプリに転送することはできません。

64ビットと32ビット

64ビットのバージョンのWindowsから32ビットのバージョンのWindowsへの転送はできません。

作業を始める前にご確認ください

    転送方法
    次のいずれかの方法で、データを転送することができます(※転送に必要な下記機材についてはあらかじめご用意ください)。

  • 転送ツールケーブルを使って両方のコンピューターをつないで転送する
  • ネットワーク接続を利用して直接転送する
  • 光ディスクメディア、USBメモリー、外付けハードディスクドライブ(HDD)などを利用する

    転送できる内容

  • ユーザーアカウント
  • 個人用ファイル/フォルダー
  • アプリケーションソフトの設定
  • Internet Explorerの設定とお気に入り

    電子メールデータ移行に関する制限

  • Windows XPのOutlook Express5/6や、Windows VistaのWindows メールソフトのデータは、Windows8の標準メールソフトには移行できません。

    ※メールデータの移行方法は、下記コンテンツをご覧ください。

転送方法

注意

管理者権限

この機能を実行できるのは、管理者のみです。標準ユーザーは実行できないので、注意してください。

コンピューターにACアダプターを接続してください

ACアダプターが添付されているコンピューターで作業を行う場合は、必ずACアダプターを接続した状態で行ってください。

手順は以下のとおりです。
※画面デザインは異なる場合があります。

「Windows 転送ツール」を新しいコンピューター(転送先)からコピーする

1転送先で、チャームの[検索]-[アプリ]を選択し、アプリ一覧から[Windows 転送ツール]を選択します。

アプリ一覧から[Windows 転送ツール]を選択

2「Windows 転送ツールへようこそ」と表示されるので[次へ]をクリックします。

3「項目を新しいPCに転送する方法を選択してください。」と表示されるので[外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ]を選択します。

※ここでは例として「USBメモリー」にWindows 転送ツールをコピーする場合の手順でご説明します。

項目を新しいPCに転送する方法を選択してください。

4「現在使用しているPC」と表示されるので[これは新しいPCです]を選択します。

5「Windows 転送ツールで、今までのPCのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されるので、[いいえ]を選択します。

6「今までのPCにWindows 転送ツールをインストールする必要がありますか?」と表示されるので、[今までのPCではWindows XPまたはWindows Vistaを実行しています]を選択します。

今までのPCにWindows 転送ツールをインストールする必要がありますか?

7「今までのPCにWindows 転送ツールをインストールする方法を選択してください。」と表示されるので、USBメモリーをセットして[USBフラッシュドライブ]を選択します。

今までのPCにWindows 転送ツールをインストールする方法を選択してください。

8「Windows 転送ツールを保存するUSBフラッシュドライブを選択してください。」と表示されるので、USBメモリーを選択して、[OK]をクリックします。

転送ツールのコピーが始まります。

Windows 転送ツールを保存するUSBフラッシュドライブを選択してください。

9「Windows 転送ツールを今までのPCにインストール」と表示されたら[次へ]をクリックし、USBメモリーを取り外します。

これで、転送ツールをコピーする作業は完了です。

Windows 転送ツールを今までのPCにインストール

ワンポイント

転送先に「転送ツールで、今までのPCのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されている状態ですが、そのままにしておきます。

転送ツールで、今までのPCのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?

バックアップを作成する

新しいコンピューター(転送先)からコピーしてきた「Windows 転送ツール」を使用して、古いコンピューター(転送元)でバックアップデータを作成します。

1転送先から取り外した、Windows 転送ツールが入っているUSBメモリーを転送元にセットします。

2「Windows が実行する動作を選んでください。」または「自動再生」画面が表示されたら、「フォルダを開いてファイルを表示(する)」を選択します。

「Windows が実行する動作を選んでください。」または「自動再生」画面が表示されない場合は、[スタート]-「(マイ)コンピュータ」を選択し、「リムーバブル ディスク」をダブルクリックします。

3 「リムーバブル ディスク」画面が表示されるので、「Windows 転送ツール ショートカット」をダブルクリックします。

4USBメモリー内のWindows 転送ツールが起動して、「Windows 転送ツールへようこそ」と表示されたら、[次へ]をクリックします。

5「項目を新しいPCに転送する方法を選択してください。」と表示されるので、[外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ]を選択します。

※ここでは例として、Windows 転送ツールを保存したUSBメモリー内にバックアップデータを保存する場合の手順でご説明します。

Windows 転送ツールを保存したUSBメモリーに十分な容量がない場合は、別の外付けハードディスクやUSBメモリーをセットし、そこにバックアップデータを保存することも可能です。
その場合も、Windows 転送ツールを保存したUSBメモリーは抜かないでください。

項目を新しいPCに転送する方法を選択してください。

6「現在使用しているPC」と表示されるので、[これは今までのPCです]を選択します。

7 「このPCから転送する内容を選択します」と表示されるので、転送するデータにチェックを付け[次へ]をクリックします。

このPCから転送する内容を選択します

ワンポイント

カスタマイズする

「ユーザー設定」をクリックすると、バックアップに含めるデータを選択できます。

このPCから転送する内容を選択します

8「転送するファイルおよび設定を保存します」と表示されるので、パスワードを入力し[保存]をクリックします。
パスワードを使用しない場合は空欄のまま[保存]をクリックします。

※ここで設定したパスワードは、バックアップしたデータを復元するときに必要となります。必ずメモをしてください。

転送するファイルおよび設定を保存します

9「転送ツール ファイルの保存」画面が表示されるので、接続しているUSBメモリー選択し、[保存]をクリックします。

保存されるバックアップデータのファイル名は初期設定で、「Windows 転送ツール - 今までのPCの項目」となっています。

10「転送のためのファイルと設定が保存されました」と表示されたら[次へ]をクリックします。

11「転送ファイルが作成されました」と表示されたら[次へ]をクリックします。

12「このPC上での Windows 転送ツールの処理は完了しました」と表示されたら[閉じる]をクリックし、バックアップデータを保存したUSBメモリーを転送元から取り外します。

これで、転送元での作業は完了です。

古いコンピューター(転送元)から新しいコンピューター(転送先)へバックアップしたデータを移動する

1バックアップデータを保存したUSBメモリーを転送先にセットします。

2転送先では、「・・・外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」と表示されている状態ですので、[はい]を選択します。

・・・外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?

3「転送ツール ファイルを開く」画面が表示されるので、バックアップファイルの場所を指定して[開く]をクリックします。

ここでは例として、「リムーバブルディスク」(USBメモリー)内のバックアップファイル「Windows 転送ツール - 今までのPCの項目」を指定します。

「転送ツール ファイルを開く」画面

4「2. 転送先からコピーしてきた「Windows 転送ツール」を使用して、転送元でバックアップファイルを作成する」-手順8でパスワードを設定した場合は、パスワードを入力し[次へ]をクリックします。

表示されない場合は、次の手順へ進みます。

転送ファイルの保護に使用したパスワードを入力し、転送を開始します

5「このPCに転送する内容を選択します」と表示されるので、転送するデータにチェックを付け[転送]をクリックします。

データ転送が開始されます。

このPCに転送する内容を選択します

6「転送が完了しました」と表示されたら、[転送された内容の確認]をクリックします。

7「Windows 転送ツールレポート」画面が表示されるので、「転送レポート」タブ、「アプリレポート」タブをそれぞれクリックして内容を確認します。

確認したら、[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じます。

[Windows転送ツールレポート]画面

8「転送が完了しました」と表示された画面で、[閉じる]をクリックします。

9「転送を完了するには、PCを再起動してください」と表示されるので、[今すぐ再起動する]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

10コンピューターが起動したら、転送先へのデータの転送は終了です。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E SY01 TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E
OS
Windows 8.1
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった