Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:22641
LX9000 : 製品仕様

LX9000の仕様情報を掲載しております。

LX9000

目次

製品仕様

ハードウェアアップグレード

販売時期 2011/1~
OS Turbolinux Client 2008 Basic Service Pack 1
OSなし
プロセッサー インテル Core 2 Duo プロセッサー E8600(3.33GHz) / 2次キャッシュ : 6MB
インテル Core 2 Duo プロセッサー E8500(3.16GHz) / 2次キャッシュ : 6MB
インテル Core 2 Duo プロセッサー E8400(3.00GHz) / 2次キャッシュ : 6MB
インテル Core 2 Duo プロセッサー E7500(2.93GHz) / 2次キャッシュ : 3MB
インテル Pentium プロセッサー E5800(3.20GHz) / 2次キャッシュ : 2MB
インテル Celeron プロセッサー E3400(2.60GHz) / 2次キャッシュ : 1MB
インテル Celeron プロセッサー 430(1.80GHz) / 2次キャッシュ : 512KB

ソケット : LGA775 Socket
チップセット インテル G41 Express チップセット
BIOS AMI BIOS
VTへの対応 : 対応
※下記のCPUのみ対応しています。

・インテル Core 2 Duo プロセッサー E8600
・インテル Core 2 Duo プロセッサー E8500
・インテル Core 2 Duo プロセッサー E8400
・インテル Core 2 Duo プロセッサー E7500
・インテル Pentium プロセッサー E5800
・インテル Celeron プロセッサー E3400

VTの有効/無効の切り替え : 可能(デフォルトで有効)
メモリー※1 搭載可能容量 : 1GB~4GBから選択(システム上利用できるのは約3GBまで)
規格 : PC3-10600 DIMM (DDR3-1333 SDRAM使用 240ピン) NonECC
スロット : DIMM(240ピン)×2 (同容量2枚1組で使用の場合、デュアルチャネルで動作)
駆動周波数 : 1066MHz

転送速度 :
 <Pentium プロセッサー/Celeron プロセッサー搭載時>
 12.8GB/s(デュアルチャネル転送時) / 6.4GB/s(シングルチャネル転送時)
 <Core 2 Duo プロセッサー搭載時>
 17.0GB/s(デュアルチャネル転送時) / 8.5 GB/s(シングルチャネル転送時)
ハードディスクドライブ※2 3.5型HDD 250GB/500GB/1TB/2TB(シリアルATA 300MB/s、3基内蔵可能/光ディスクドライブ2台搭載時は2基まで)、
250GB/500GB/1TB/2TBより選択
光ディスクドライブ※3 DVD-ROMドライブ シリアルATA接続(添付ソフト : なし)
ビデオ(標準) コントローラー : インテル G41 Express チップセット内蔵3Dグラフィックス
ビデオメモリー :
 ・メインメモリー 1GB搭載時 : 最大360MB
 ・メインメモリー 2GB搭載時 : 最大360MB
 ・メインメモリー 4GB搭載時 : 最大360MB
搭載インタフェース : D-sub 15ピン×1
表示解像度 : 800×600、1024×768、1280×720、1280×768、1280×1024、1360×768、1366×768、
1440×900、 1600×1200、1680×1050、1920×1080、1920×1200

機能の切り離し:不可
マルチモニター:不可
ビデオ(BTO) ・インテル G41 Express チップセット内蔵3Dグラフィックス(アナログ出力 + デジタル出力)
搭載インタフェース : D-Sub 15ピン×1(PC本体)、DVI-D 24ピン×1(ADDカード)
サウンド コントローラー : ICH7内蔵 インテル ハイ・デフィニション・オーディオ対応Realtek製 ALC662
全二重/プラグインパワーマイク : 対応
内蔵マイク/スピーカー : 非搭載
入力 : マイク×2(前面/背面)、ライン×1(背面)
出力 : ヘッドホン×1(前面)、ライン×1(背面)
出力インピーダンス : ヘッドホン(Amplified) Output 1Ω / ライン Output 100Ω
入力インピーダンス : 47kΩ
機能の切り離し : BIOSにて可
有線LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応 インテル製82573Lコントローラー
RJ45×1(背面)
Wake On Lan/全二重/ジャンボフレーム : 対応
リモートブート : 対応(PXE)
機能の切り離し : 可
ドライブベイ 括弧は空き数
3.5型×1(1)、5.25型×2(1)、3.5型HDD専用×3(2)
※シリアルATA仕様のHDD/光ディスクドライブは、合わせて4台までの接続
拡張スロット
※4
PCI Express x16 : ×1(ボード長198mmまで) Rev.2.0 データ転送速度 : 5.0GT/s
PCI : ×3(ボード312mm長まで) Rev.2.2 データ転送速度 : 33MHz
セキュリティー機能 セキュリティーチップ(TPM) : 非搭載
BIOS Power ONパスワード/Supervisorパスワード/HDDパスワード : 対応
セキュリティーロックスロット : 背面(寸法 7.3mm×3.3mm×2.9mm)
USB 前面×4、背面×4
USB2.0準拠
供給電圧 : 5V dual
機能の切り離し : BIOSにて可
PS/2 背面×2(ミニDIN) PS/2タイプのキーボードおよびマウスの接続に使用
供給電圧 : 5Vsb
パラレル 非搭載(BTOオプションにてアダプターを選択可能)

    本体サイズ/質量等

  • 本体寸法 : 幅170×奥行403×高さ362mm(突起部除く)
  • 質量 : 約7.6kg(基本構成時)
  • 梱包箱寸法 : 514×419×368mm
  • 騒音レベル : 約31dB※5
  • 電源 : AC100V±10%(50/60Hz)
    (入力波形は正弦波のみサポート)
    容量300W
  • 消費電力:※6
    最大定格出力時375W(理論値)
    最大構成時96.4W
    通常時40.0W
    電源オフ時0.7W
  • 横置き時の耐荷重 : 横置き非対応

    温度/湿度条件

  • 動作時:
    温度10~35℃
    湿度20~80%(結露なきこと)
  • 保管時:
    温度-10~60℃
    湿度20~80%(結露なきこと)

    主な添付品

  • Turbolinux Client 2008 BasicLive CD(Tutbolinuxモデルのみ)
  • QuickTech 3R for EPSON DIRECT CD(OSなしモデルのみ)
  • サービスコンセント付き電源コード※7
  • マニュアル類
    (※ユーザーズマニュアルはWebよりダウンロードのみ)

    省エネ法に基づくエネルギー消費効率※8

  • インテル Core 2 Duo プロセッサー E8600 X区分 0.77(69%)
  • インテル Core 2 Duo プロセッサー E8500 X区分 0.81(65%)
  • インテル Core 2 Duo プロセッサー E8400 X区分 0.85(62%)
  • インテル Core 2 Duo プロセッサー E7500 X区分 0.87(61%)
  • インテル Pentium プロセッサー E5800 X区分 0.80(66%)
  • インテル Celeron プロセッサー E3400 X区分 0.98(54%)
  • インテル Celeron プロセッサー 430 X区分 2.7(20%)

    取得規格

  • 高調波電流規格適合
  • VCCI Class B 適合
  • PCグリーンラベル適合(★★☆ V12)
  • 電安法(PSE)対応(電源コード)
  • PCリサイクル
  • J-MOSSグリーンマーク対応

 

※1 32bitOSでは、4.0GB以上搭載されても使用可能な容量は約3.0GBまでです。また、ユーザーズマニュアル記載のメモリー最大容量と異なる場合がありますが、本ページの情報が最新です。
※2 1.0GB=10億バイトで計算しています。
※3 楕円形状などの正円形でないメディアは使用できません。
※4 取付機器の形状によっては取り付けられない場合があります。
※5 数値は製品の個体差および構成により若干上下することがあります。
※6 最大構成時は、本製品発表時の最大構成にて消費電力が最大となる動作状態で計測した値です。発売後、仕様、構成の変更により値が変わる場合がありますが、ご了承ください。その他の値は、代表的な部品構成での測定値です。値は利用状況/部品構成により変化します。
※7 標準添付されている電源コードはAC100V用(日本仕様)です。海外でお使いの場合は保証対象外となります。
※8 エネルギー消費効率とは、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)で定める測定方法により測定した消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。2011年度基準で表示しております。()内の値は達成率を示します。達成率が100%を超える場合、表示Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上500%未満、AAAは達成率500%以上を表します。

pagetopこのページの先頭へ

製品図

前面図

    前面図

  1. 光ディスクドライブ
  2. 光ディスクドライブイジェクトホール
  3. 光ディスクドライブイジェクトボタン
  4. 光ディスクドライブアクセスランプ
  5. 5.25型ドライブベイ
  6. 3.5型ドライブベイ
  7. USBコネクター×4
  8. ヘッドホン出力コネクター
  9. マイク入力コネクター
  10. 電源スイッチ/電源ランプ
  11. HDDアクセスランプ
  12. 通風孔(吸気用)
背面図

    背面図

  1. マウスコネクター(PS/2)
  2. キーボードコネクター(PS/2)
  3. VGAコネクター
  4. シリアルコネクター
  5. USBコネクター×4
  6. マイク入力コネクター
  7. ライン出力コネクター
  8. ライン入力コネクター
  9. LANコネクター
  10. 電源コネクター
  11. 通風孔(排気用)
  12. セキュリティーロックスロット
  13. 通風孔(排気用)
  14. PCI Express x16スロット×1
  15. PCIスロット×3
側面図

    側面図

  1. 電源ユニット
  2. DIMMスロット×2
  3. PCI Express x16スロット×1
  4. PCIスロット×3
  5. 5.25型オープンドライブベイ×2
  6. 3.5型ドライブベイ×3

 

※Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Centrino、Centrino Inside、Centrino ロゴ、Intel Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Viiv Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国とその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
※Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Aeroは米国Microsoft Corporationの米国とその他の国における登録商標または商標です。
※引用した会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
※技術改善などにより仕様、デザインを予告なく変更する場合がありますがご了承ください。また写真と実物は異なる場合があります。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
LX9000
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった