Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:21866
i-フィルター 6 30日版 : 再インストール手順(Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)

このページでは、「i-フィルター 6 30日版」の再インストール手順をご説明します。
なお、再インストールは、(1)アンインストール (2)インストールの順番で作業を行います。

「i-フィルター 30日版」について
「i-フィルター 30日版」は、インターネット上の有害なWebページへのアクセスを防止するWebフィルタリングソフトウェアです。
お問い合わせ先
i-フィルター 30日版に関するご質問はデジタルアーツ株式会社にお問い合わせください。
デジタルアーツ株式会社

ワンポイント

i-フィルター 30日版のインストールが不要な場合

市販のWebフィルタリングソフトウェアを使用する場合は、ソフトウェア同士の競合を防ぐため、i-フィルター 30日版はインストールしないでください。

光ディスクドライブ(CD/DVDメディアが読み込めるドライブ)が搭載されていない製品をお使いの場合

光ディスクドライブが搭載されていない製品をお使いの場合、下記操作を行うには、外付け光ディスクドライブを接続する必要があります。
※リカバリーツールからインストールする場合は除きます。

Windows 8ダウングレードモデル / Windows 8.1ダウングレードモデルの場合

<Windows 7で利用している場合>
インストール手順はWindows 7と同じです。「<Windows 7モデルの場合>」をご覧ください。
リカバリーツールCDが添付されている製品にて、Windows 8 / Windows 8.1をインストール後にWindows 7に変更した場合は、「バックアップからインストールする場合」をご覧ください。

<Windows 8 / Windows 8.1で利用している場合>
インストール手順は「<Windows 8ダウングレードモデル / Windows 8.1ダウングレードモデルの場合>」をご覧ください。
リカバリーツールCDが添付されている製品の場合は、あらかじめ作成したバックアップからインストールを行います。詳しくは、コンピューターに添付のマニュアル「Windows 7 Professional(Windows 8 Pro ダウングレード / Windows 8.1 Pro ダウングレード)モデルをお使いの方へ」をご覧ください。

Windows 10 ダウングレードモデルをWindows 7でご使用の場合

このページで案内しているWindows 7のインストール手順は、Windows 7モデルまたはWindows 8ダウングレードモデル / Windows 8.1ダウングレードモデルの場合です。 Windows 10ダウングレードモデルの場合、再インストール手順については下記コンテンツをご覧ください。

目次

インストール手順

※画面デザインは異なる場合があります。
※インターネットに接続してインストールを行ってください。

<Windows 7モデルの場合>

<Windows 8モデルの場合>

<Windows 8.1モデルの場合>

<Windows 8ダウングレードモデル / Windows 8.1ダウングレードモデルの場合>

ワンポイント

バックアップからインストールする場合

リカバリーツールCDが添付されている機種では、コンピューターの本体ドライバーやアプリのインストール用データは、HDD内の次の場所に収録されています。

Windows 7 消去禁止領域
Windows 8.1 Windows RE領域

通常、リカバリーツールは、これらの領域内にあるデータを使用して、本体ドライバーやアプリをインストールしますが、次のような場合には、バックアップデータからインストールします。

Windows 8ダウングレードモデルで、Windows 7からWindows 8に入れ替えた場合
OSをWindows 7からWindows 8に入れ替える前に、あらかじめ本体ドライバーやアプリをバックアップしておく必要があります。Windows 8からWindows 7に戻した場合も、バックアップからインストールを行います。
Windows 8.1ダウングレードモデルで、Windows 7からWindows 8.1に入れ替えた場合
OSをWindows 7からWindows 8.1に入れ替える前に、あらかじめ本体ドライバーやアプリをバックアップしておく必要があります。Windows 8.1からWindows 7に戻した場合も、バックアップからインストールを行います。
HDDに不具合があって本体ドライバーやアプリのインストール用データが利用できなくなった場合
万一に備えて、あらかじめデータをバックアップしておくことをおすすめします。

HDD内のインストール用データのバックアップ方法は、リカバリーツールのバージョンにより異なります。下記をご参照ください。
※リカバリーツールのバージョンは、コンピューターに添付のCD-ROM「リカバリーツールCD」から確認できます。

<リカバリーツールCD Rel.8.xまで>

<リカバリーツールCD Rel.9.x以降>

初期設定ツールからインストールする場合

※Windowsの再インストールを行った場合は、リカバリーツール、CD/DVDからインストールを行ってください。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 デスクトップ上に「エプソンダイレクト 初期設定ツール」画面が表示されていない場合は、[スタート]-[すべてのプログラム]-[初期設定ツール]を選択します。

4 「エプソンダイレクト 初期設定ツール」画面-[次へ]をクリックし、「有害サイト対策」項目まで進めます。

ワンポイント

[次へ]がクリックできない場合は、スクロールバーのノブを一番下まで移動させて、すべての内容を表示させてください。

「エプソンダイレクト 初期設定ツール」画面

5 「有害サイト対策」と表示されるので、[インストール]をクリックします。

有害サイト対策

6 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

7 インストールが行われるので、しばらく待ちます。

8 「インストールが完了しました。」と表示されるので、[OK]をクリックします。

9 「完了」項目まで進め、[閉じる]をクリックします。

「完了」項目

10 「初期設定ツールを終了します。」と表示されるので、[終了]をクリックした後、コンピューターを再起動します。

「i-フィルター 6.0」画面が表示されている場合は[とじる]をクリックして画面を閉じてからコンピューターを再起動してください。

11 コンピューターが起動したら、i-フィルター 30日版のインストールは完了です。

続いてi-フィルター 30日版のセットアップを行います。操作方法は「ユーザー登録の手順」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

リカバリーツールからインストールする場合

ワンポイント

リカバリーツールがインストールされていない場合は、リカバリーツールのインストールを行ってください。インストール方法については、下記コンテンツをご覧ください。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 デスクトップ上の「リカバリーツール」アイコンをダブルクリックします。

「リカバリーツール」アイコン

4 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

5 「リカバリーツール」画面が表示されるので、[インストール]をクリックします。

6 ソフトウェアの一覧が記載された「リカバリーツール」画面が表示されるので、[アプリケーションCD]または[標準アプリケーション]を選択して[インストール]をクリックします。

「リカバリーツール」画面

7 「アプリケーションのインストール」画面が表示されるので、[i-フィルター 30日版]をクリックします。

「アプリケーションのインストール」画面

8 「有害サイトフィルタリングソフト「i-フィルター 6.0」のご紹介」画面が表示されるので、[「i-フィルター 6.0」お試し版をインストールする]または[「i-フィルター 6.0」をインストールする]をクリックします。

「有害サイトフィルタリングソフト「i-フィルター 6.0」のご紹介」画面

9 「使用許諾契約」と表示されるので、内容をご確認いただき、同意できる場合は[使用許諾契約の条項に同意します]を選択し、[次へ]をクリックします。

使用許諾契約

10 「インストール先のフォルダ」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

11 「プログラムをインストールする準備ができました」と表示されるので、[インストール]をクリックします。

12 「プログラムの更新に成功しました。」と表示された場合は[OK]をクリックします。

ワンポイント

インターネットに接続していない場合に「プログラムの更新に失敗しました。」と表示される場合がありますが、
i-フィルターのインストールは行われていますので、[OK]をクリックして、手順14へ進みます。

13 「「i-フィルター 6.0」最新版へのアップデートが必要です。」と表示された場合は[はい]をクリックします。
コンピューターが再起動します。表示されない場合は手順14へ進みます。

※コンピューターが起動したら、i-フィルター 30日版のインストールは完了です。
続いてセットアップを行います。操作方法は「ユーザー登録の手順」をご覧ください。

14 「i-フィルター 6.0」画面が表示された場合は[とじる]をクリックします。

「i-フィルター 6.0」画面

15 「i-フィルター 6.0」画面が消えたら、表示されているすべての画面を閉じた後、コンピューターを再起動します。

16 コンピューターが起動したら、i-フィルター 30日版のインストールは完了です。CD/DVD/USB機器からインストールした場合は、CD/DVD/USB機器を本機から取り出します。

続いてi-フィルター 30日版のセットアップを行います。操作方法は「ユーザー登録の手順」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

バックアップからインストールする場合

ここでは、USB機器へのバックアップからインストールする手順を説明します。
※CDにバックアップした場合は、「アプリケーションCD/ドライバーDVDからインストールする場合」をご覧ください。

1 管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 バックアップデータの入ったUSB機器を本機に接続します。

4 以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

4-1 「自動再生」画面が表示されるので、[フォルダーを開いてファイルを実行]をクリックし、手順5へ進みます。

※「自動再生」画面が表示されない場合は、[スタート]-[コンピューター]を選択し、USB機器をダブルクリックします。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

4-1画面右上に表示されるメッセージをクリックします。

※画面右上にメッセージが表示されない場合は、[デスクトップ]-「エクスプローラー」「エクスプローラー」アイコン-「コンピューター(PC)」を選択し、USB機器をダブルクリックします。 手順5へ進みます。

画面右上のメッセージ

4-2「・・・操作を選んでください。」と表示されるので、「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

・・・・操作を選んでください。

5 バックアップしたフォルダーの直下にある、「EPSONInst.exe」アイコンをダブルクリックします。

「EPSONInst.exe」アイコン

6 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

7 「リカバリーツール」画面が表示されるので、以降の手順は、「リカバリーツールからインストールする場合」-手順6以降をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

アプリケーションCD/ドライバーDVDからインストールする場合

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 アプリケーションCD/ドライバーDVDを光ディスクドライブにセットします。

4 以下のいずれかを実行します。

<Windows 7の場合>

4-1 「自動再生」画面が表示されるので、[EDCInst.exe の実行]をクリックします。

※「自動再生」画面が表示されない場合は[スタート]-[コンピューター]を選択し、光ディスクドライブをダブルクリックします。

「自動再生」画面

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

4-1画面右上に表示されるメッセージをクリックします。

※画面右上にメッセージが表示されない場合は、[デスクトップ]-「エクスプローラー」「エクスプローラー」アイコン-「コンピューター(PC)」を選択し、光ディスクドライブをダブルクリックします。 手順5へ進みます。

画面右上のメッセージ

4-2「・・・操作を選んでください。」と表示されるので、「EDCInst.exe の実行」をクリックします。

・・・操作を選んでください。

5 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

6 表示される画面の一覧から[i-フィルター 30日版]をクリックします。以降の手順は、「リカバリーツールからインストールする場合」-手順8以降をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

「おすすめアプリケーションのインストール」からインストールする場合

1 管理者権限をもつユーザーアカウントでサインインします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 8の場合>

3-1チャームの[検索]-[アプリ]を選択し、アプリ一覧から[おすすめアプリケーションのインストール]を選択します。

※タッチ操作の場合、画面の右側からスワイプし、チャームを表示します。

<Windows 8.1の場合>

3-1スタート画面左下の下矢印アイコンをクリックし、[アプリ]画面から[おすすめアプリケーションのインストール]を選択します。

※タッチ操作の場合、スタート画面左下の下矢印アイコンをタップ、または画面の下から上にスワイプ(スワイプアップ)し、[アプリ]画面を表示します。

4 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

5 「アプリケーションのインストール」画面が表示されるので、以降の手順は、「リカバリーツールからインストールする場合」-手順7以降をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

ユーザー登録の手順

※画面は予告なく変更する場合があります。

注意

ユーザー登録を行うためにはインターネットに接続されている必要があります。

i-フィルター 30日版のユーザー登録の手順は以下のとおりです。

1以下のいずれかの手順を実行して、「i-フィルター 6.0」画面を表示します。

※すでに「i-フィルター 6.0」画面が表示されている場合は手順3へ進みます。

<Windows 7の場合>

1-1[スタート]-[すべてのプログラム]-[i-フィルター 6.0]-[i-フィルター 6.0]を選択します。

<Windows 8の場合>

1-1チャームの[検索]-[アプリ]を選択し、アプリ一覧から[i-フィルター 6.0]をクリックします。

※タッチ操作の場合、画面の右側からスワイプし、チャームを表示します。

<Windows 8.1の場合>

1-1スタート画面左下の下矢印アイコンをクリックし、[アプリ]画面から[i-フィルター 6.0]を選択します。

※タッチ操作の場合、スタート画面左下の下矢印アイコンをタップ、または画面の下から上にスワイプ(スワイプアップ)し、[アプリ]画面を表示します。

2「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は[はい]をクリックします。

3画面の表示を確認し、以下のいずれかの手順を選択してください。

「i-フィルター 6.0」画面

 

「i-フィルター 6.0」お試し版を登録する

【初回ユーザー登録時】

1 「i-フィルター 6.0」画面-[「i-フィルター 6.0」お試し版を登録する]をクリックします。

[「i-フィルター 6.0」お試し版を登録する]が表示されている場合

2 「「i-フィルター」の開始」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

「i-フィルター」の開始

3 「無料お試し版 お申し込み」と表示されるので、以下の手順を行います。

3-1 以下の情報を入力します。

  • E-Mailアドレス
  • お名前
  • 管理パスワード
  • 情報メールの配信希望の有無

3-2 「お預かりする個人情報の取り扱いについて」の内容に同意できる場合は、[同意する]を選択して[確認画面]をクリックします。

無料お試し版 お申し込み

4 「お申し込み内容の確認」と表示されるので、表示されている内容が正しいことを確認し、[登録する]をクリックします。

お申し込み内容の確認

5 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

6 「お客さま情報登録完了」と表示されるので、「登録内容」の「シリアルID」、「利用期限」、「E-Mailアドレス」を確認してから[閉じる]をクリックします。これでユーザー登録は完了です。

ワンポイント

登録したE-Mailアドレスにも「シリアルID」と「利用期限」が記載された登録完了メールが配信されます。一度登録を行うと、同じE-Mailアドレスでの再登録はできません。2回目以降のユーザー登録は「シリアルID」を使用して登録を行いますので、「シリアルID」は必ず控えておいてください。

お客さま情報登録完了

【2回目以降のユーザー登録時】

1 「i-フィルター 6.0」画面-[「i-フィルター 6.0」お試し版を登録する]をクリックします。

[「i-フィルター 6.0」お試し版を登録する]が表示されている場合

2 「「i-フィルター」の開始」と表示されるので、[シリアルIDを持っているお客さま]をクリックします。

「i-フィルター」の開始

3 「シリアルIDの入力」と表示されるので、以下の情報を入力して[次へ]をクリックします。

  • シリアルID (入力されていない場合)
  • 管理パスワード

ワンポイント

シリアルIDは初回ユーザー登録時に配信されています。本機にi-フィルターのパッケージは同梱されていません。

シリアルIDの入力

4 「管理パスワードのご確認」と表示されるので、管理パスワードを入力し、[次へ]をクリックします。

管理パスワードのご確認

5 「他のパソコンでご利用中のシリアルIDです」と表示された場合は、「このパソコンのライセンスを停止しますか?」の[はい]をクリックします。

他のパソコンでご利用中のシリアルIDです

6 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

7 「シリアルIDを確認しました」と表示されるので、[完了]をクリックします。これでユーザー登録は完了です。

シリアルIDを確認しました

pagetopこのページの先頭へ

[登録月無料][30日の無料お試し版付き]

1 用途に合わせ、「i-フィルター 6.0」画面-[登録月無料【月額お申し込み】]または[30日の無料お試し版付き【年額お申し込み】]のいずれかをクリックします。

ワンポイント

30日間だけ試用で利用したいときは、[30日の無料お試し版付き【年額お申し込み】]を選択してください。

※[【月額お申し込み】【年額お申し込み】の詳しい説明はこちら]をクリックすると、【月額お申し込み】【年額お申し込み】についての詳細を確認することができます。

「i-フィルター 6.0」画面-[登録月無料]または[30日の無料お試し版付き]のいずれかをクリック

2 「「i-フィルター」の開始」と表示されるので、以降は画面の指示に従ってユーザー登録を行います。

「i-フィルター」の開始」

pagetopこのページの先頭へ

アンインストール手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 通知領域の「i-フィルター 6.0」アイコンを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、表示されるメニューから[i-フィルターの停止]を選択します。

※通知領域に「i-フィルター 6.0」アイコンがない場合は、手順8へ進みます。

通知領域の「i-フィルター 6.0」アイコンを右クリック

4 「管理パスワードの入力」と表示されるので、管理パスワードを入力して[OK]をクリックします。

管理パスワードの入力

5 「「i-フィルター」を停止してよろしいですか?」と表示されるので、[はい]をクリックします。

6 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

7 「「i-フィルター」を停止しました。」と表示されるので、[OK]をクリックします。

8 以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

8-1 [スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

8-1 [デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

※タッチ操作の場合は、[デスクトップ]をタップし、画面の右側からスワイプしてチャームを表示します。

9 「コントロールパネル」画面が表示されるので、[プログラム]-[プログラムのアンインストール]を選択します。

10 「プログラムのアンインストールまたは変更」と表示されるので、[i-フィルター 6.0]を選択して[アンインストール]をクリックします。

プログラムのアンインストールまたは変更

11「i-フィルター 6.0をアンインストールしますか?」と表示された場合は、[はい]をクリックします。

12 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

13 「インストールを継続するには、次のアプリケーションを閉じる必要があります」と表示された場合は、[セットアップの完了後・・・]を選択し、[OK]をクリックします。

インストールを継続するには、次のアプリケーションを閉じる必要があります

14 「要求されたすべてのアプリケーションを・・・」と表示された場合は、[OK]をクリックします。

15 「インターネットの利用履歴はアンインストールしないで残しますか?」と表示されるので、[はい]または[いいえ]をクリックします。

16 「i-フィルター 6.0に対する設定変更を・・・再起動する必要があります。」と表示されるので、[はい]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

17 コンピューターが起動したら、i-フィルター 30日版のアンインストールは完了です。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY311S AY320S AY321S AY330S MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST150E ST160E ST170E SY01 TY1100S
ノートPC/タブレット
Na14S NA511E NA601E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY10S NY40S NY40S-B NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY3200S NY3300S TB01S-B TB20S-B TN10E TN20E TN30E
OS
Windows 7 Windows 8.1
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった