Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:17596
「ドキュメント」などの個人フォルダーを別のドライブに設定する(Windows 8 / Windows 8.1)

「ドキュメント」「ピクチャ」「ミュージック」などの個人用のデータを保存するフォルダーは、Windowsがインストールされているドライブ(Cドライブ)に設定されています。
画像や動画などファイルサイズが大きいデータを保存していくと、Cドライブの空き容量が減ってしまいます。また、コンピューターのトラブルなどでWindowsの再インストールをするときに、消失してしまうこともあります。
Cドライブの空き容量を確保してWindowsの動作をスムーズにすることや、データの保護という点からも、個人用のデータはWindowsがインストールされているのとは別のドライブに保存しておくことをおすすめします。

ワンポイント

HDDを分割する

1台のHDDしか搭載されていないコンピューターでも、パーティション分割を行うことでデータを保存するドライブを作成することができます。
分割方法は下記のコンテンツをご覧ください。

  • Windowsのインストールされているパーティション(Cドライブ)を分割する場合
  • Cドライブ以外を分割する場合

OneDrive(SkyDrive)を利用する

Microsoft社が提供するOneDrive(SkyDrive)のクラウドサービスを利用すると、Web上に大容量のファイルを保存することができます。
Windowsのリカバリーを行ってもWeb上のデータはそのまま残るので、写真などのデータを保存するときに便利です。
Microsoftアカウントでサインインして別のコンピューターからもファイルにアクセスすることができます。

目次

別のドライブに移動する方法

※画面デザインは異なる場合があります。

1スタート画面で[デスクトップ]をクリックし、タスクバーの「エクスプローラー」アイコン「エクスプローラー」アイコンをクリックします。

2「ライブラリ」画面または「PC」画面が表示されるので、画面左側の「コンピューター(PC)」をクリックします。

「ライブラリ」画面

3「コンピューター(PC)」画面が表示されるので、「ローカルディスク(C:)」または「Windows(C:)」ドライブを選択します。

「コンピューター」画面

4「ユーザー」フォルダーをダブルクリックします。

「ローカルディスク(C:)」画面

5「ユーザー」画面が表示されるので、「(ユーザーアカウント名)」フォルダーをダブルクリックします。

「ユーザー」画面

6「(ユーザーアカウント名)」画面が表示されるので、保存先を変更したいフォルダーを右クリックして、[プロパティ]を選択します。

(例 : 「マイ ドキュメント」フォルダー)

「(ユーザーアカウント名)」画面

7「マイ ドキュメントのプロパティ」画面が表示されるので、「場所」タブを選択し、[移動]をクリックします。

「マイ ドキュメントのプロパティ」画面

8「移動先の選択」画面が表示されるので、移動先に設定したいドライブ内のフォルダーを選択して[フォルダーの選択]をクリックします。

「移動先の選択」画面

ワンポイント

[新しいフォルダー]を選択して、フォルダーを作成する

保存先のドライブ内に選択したいフォルダーがない場合は、[新しいフォルダー]を選択して、作成してください。

新しいフォルダーの作成

9「マイ ドキュメントのプロパティ」画面が表示されるので、変更された移動先が表示されていることを確認して、[OK]をクリックします。

「マイ ドキュメントのプロパティ」画面

10「フォルダーの移動」画面が表示されるので、[はい]をクリックします。

ファイルの格納場所が、指定したフォルダーに変更され、フォルダー名の表示が「マイ ドキュメント」になります。

「フォルダーの移動」画面

ワンポイント

保存場所を変更したフォルダーを、初期の保存場所に戻したい場合は、「手順7」の画面で[標準に戻す]をクリックします。

pagetopこのページの先頭へ

別のドライブを追加する方法

※画面デザインは異なる場合があります。

1スタート画面で[デスクトップ]をクリックし、タスクバーの「エクスプローラー」アイコン「エクスプローラー」アイコンをクリックします。

2 以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 8の場合>

2-1 「ライブラリ」画面が表示されるので、一覧から保存先を追加したいフォルダーをクリックして選択します。

(例 : 「ドキュメント」フォルダー)

「ライブラリ」画面

<Windows 8.1の場合>

2-1 「PC」画面が表示されるので、[表示]-[ナビゲーションウィンドウ]をクリックし、[ライブラリの表示]を選択します。

「PC」画面

2-2 [ライブラリ]をクリックし、「ライブラリ」画面から保存先を追加したいフォルダーをクリックして選択します。

(例 : 「ドキュメント」フォルダー)

「ライブラリ」画面

3ライブラリツールの「管理」タブ-[ライブラリの管理]をクリックします。

「ライブラリ」画面

4「ドキュメント ライブラリの場所」画面が表示されるので、[追加]をクリックします。

「ドキュメントライブラリの場所」画面

5「ドキュメントにフォルダーを追加」画面が表示されるので、保存先に設定したいドライブ内のフォルダーを選択して[フォルダーを追加]をクリックします。

「ドキュメントにフォルダーを追加」画面

ワンポイント

[新しいフォルダー]を選択して、フォルダーを作成する

保存先のドライブ内に選択したいフォルダーがない場合は、[新しいフォルダー]を選択して、作成してください。

新しいフォルダーの作成

6「ドキュメント ライブラリの場所」画面で、追加されたフォルダーを選択して右クリック-[既定の保存場所に設定]を選択して
[OK]をクリックします。

自動的に追加された場所にファイルが保存されるようになります。

ライブラリ内のすべてのフォルダーに対して同様の操作で保存先を変更することをおすすめします。

「ドキュメント ライブラリの場所」画面

ワンポイント

ドキュメントフォルダーの表示

ドキュメントにフォルダーを追加すると、ドキュメントフォルダーを開いたときに保存先が3つ表示されます。
Cドライブに保存されているファイルなどを、追加した保存場所に移動することもできます。

パブリックのドキュメントとは

「パブリックのドキュメント」に保存されたファイルは、別のユーザーアカウントや同じネットワーク上で別のコンピューターを使用しているユーザーと共有できます。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E SY01 TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E
OS
Windows 8.1 Windows 8.1 Embedded
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった