Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:11090
無線LANでインターネットに接続できない場合の対処方法(Windows 10/Windows 11)

無線LANでインターネットに接続できない場合は、フローチャートに従って、トラブルが解決されるかご確認ください。
項目をクリックすることで、詳細を表示できます。

ワンポイント

ネットワーク診断をする

パソコンに搭載されている「ネットワーク診断ツール」を使用して、ネットワークの状態を診断できます。使用方法は下記コンテンツをご覧ください。
※お使いの製品により搭載されているツールの種類は異なります。

ユーザーズマニュアルについて

本コンテンツでご案内している対処方法を実施するために、ユーザーズマニュアルを参照する場合があります。
ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからダウンロードすることができます。
※一部、ユーザーズマニュアルをご提供できない機種がございます。

フローチャート 無線LANアダプターが搭載されているか確認する アクセスポイントの電源が入っているか確認する アクセスポイントの電源が入っているか確認する アクセスポイントの電源を入れ直しする アクセスポイントの電源を入れ直しする アクセスポイントに接続可能なクライアント数を超えていないか確認する 無線LAN接続するための設定が正しいか確認する アクセスポイントにセキュリティーが正しく設定されているか確認する アクセスポイントとコンピューターの位置関係を確認する お使いのコンピューターの無線LAN機能が有効になっているか確認する 機内モードが「オフ」になっているか確認する お使いのコンピューターを完全にシャットダウンする システムの復元を行う 「ネットワーク接続」画面に「ネットワーク ブリッジ」アイコンがないか確認する ネットワーク切替えツールで他のネットワークに接続する設定になっていないか確認する お使いのコンピューターのセキュリティー対策ソフトを一時無効に設定する お使いのコンピューターのファイアウォールを一時無効に設定する デバイスマネージャーの表示の確認 テクニカルセンターに連絡する

無線LANアダプターが搭載されているか確認する

無線LANを使用して、インターネットを使用するには、お使いのコンピューターに無線LANアダプターが内蔵されているか、無線LAN USBアダプターなどの外付け無線LANアダプターがコンピューターに取り付けられている必要があります。

お使いのコンピューターに無線LANアダプターが内蔵されているかどうか不明な場合は、次のページで購入時の構成を確認することができます。構成を確認するには、お使いのコンピューターの製造番号()が必要です。

「購入時のカスタマイズ情報」画面

製造番号は、コンピューターに貼られている「製造銘番シール」や「PCお役立ちナビ」から確認することができます。確認方法については、下記コンテンツをご覧ください。

 

無線LANアダプターが搭載されていない場合

お使いのコンピューターに無線LANアダプターが内蔵されていない場合は、外付け無線LANアダプターをご用意ください。
また、当社製コンピューター向けに、内蔵タイプの無線LANアダプターの取り付けサービスを行っています(サービスをご提供できない機種もございます)。
詳細につきましては、下記ハードウェアアップグレードページをご確認ください。

ハードウェアアップグレード

pagetopこのページの先頭へ

アクセスポイントの電源が入っているか確認する

アクセスポイントの電源が入っていないと通信することができません。電源が入っているか確認してください。

pagetopこのページの先頭へ

アクセスポイントの電源を入れ直しする

雷や停電などで、アクセスポイントの電源が急に切れてしまったり、熱を持ちすぎてしまったりすると、一時的に不具合が起きる可能性があります。その場合は、アクセスポイントの電源の入れ直しを行うことで改善する可能性があります。

<電源の入れ直し手順>
コンピューターをシャットダウンしたあと、アクセスポイントの電源を切り、5分~30分ほど待ちます。
そのあと、アクセスポイントの電源を入れてから、コンピューターを起動して、インターネットに接続できるか確認してください。

pagetopこのページの先頭へ

アクセスポイントに接続可能なクライアント数を超えていないか確認する

接続できるクライアント数を超えると、ネットワークに接続できない場合がありますので、接続できるクライアント数を超えていないか確認してください。
接続できるクライアント数につきましては、アクセスポイントによって異なりますので、アクセスポイントのマニュアルをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

無線LAN接続するための設定が正しいか確認する

無線LAN接続するための設定が正しくなければ、インターネットに接続できません。
IPアドレスやサブネットマスクなどの設定が正しいか確認し、接続をお試しください。設定方法につきましては、下記コンテンツをご覧ください。

ワンポイント

IPアドレス「169.254.x.x」となっている場合は、IPアドレスが正常に割り当てられていません。IPアドレスを手動で設定して無線LAN接続できるかお試しください。(IPアドレス「169.254.x.x」は、DHCPサーバーからIPアドレスが割り当てられない場合に、OSが自動的に割り当てるIPアドレスです。)

pagetopこのページの先頭へ

アクセスポイントにセキュリティーが正しく設定されているか確認する

ネットワークへの不正なアクセスを防止するため、アクセスポイントに「SSID」や「WEP」、「MACアドレスフィルタリング」などのセキュリティーが設定されている場合、許可されない機器からの接続はできません。セキュリティー設定が正しいか確認してください。
アクセスポイントのセキュリティー設定方法については、お使いのアクセスポイントに添付のマニュアルをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

アクセスポイントとコンピューターの位置関係を確認する

無線による通信のため、アクセスポイントとコンピューターの位置関係によって、電波が届かない場合があります。
アクセスポイントとコンピューター間の距離を短くしたり、アンテナの向きや角度を調整したりして正常に通信できるようになるか確認してください。

注意

一部の機種では、拡張ボードの装着状況によって内蔵無線LAN PCIボードのアンテナの可動範囲が制限される場合があります。
恐れ入りますが、無線LAN PCIボードのアンテナは可動範囲内で調節してご使用いただきますようお願いいたします。

無線LAN PCIボードのアンテナを可動範囲内で調節しても通信状態がよくならない場合は、コンピューター本体の位置や向き、アクセスポイントの位置や向きを変更してお試しください。

pagetopこのページの先頭へ

お使いのコンピューターの無線LAN機能が有効になっているか確認する

当社のコンピューターに搭載されている無線LAN機能(オプション)を使用するときは、機能を有効に設定する必要があります。
お使いのコンピューターに添付のユーザーズマニュアルをご覧になり、無線LAN機能を有効に設定してください。

ワンポイント

お使いのコンピューターによっては、無線LANボタンや、機能キーを押すことで有効/無効を設定できるものもあります。

<無線LANキーやボタンで操作する場合> ※ノートPCの場合

無線LANキーや無線LANボタン(無線LANキーや無線LANボタン)が搭載されている場合には、キーまたはボタンを押すと、有効/無効が切り替わります。

無線LAN機能をONにします。

<キーボードの「Fn」キー + 「機能キー」で操作する場合> ※ノートPCの場合

キーボードの「Fn」キーと合わせて使用する「機能キー(機能キー)」を押すと、有効/無効が切り替わります。
機種によって、使用する機能キーは異なります。お使いのコンピューターに添付のユーザーズマニュアルをご覧になり、無線LAN機能を有効に設定してください。

pagetopこのページの先頭へ

機内モードが「オフ」になっているか確認する

「機内モード」とは、病院や飛行機などで電波を停止するモードです。
機内モードが「オン」のときは電波が停止します。無線LAN機能を使用するときは、機内モードを「オフ」に設定します。
お使いのコンピューターに添付のユーザーズマニュアルをご覧になり、機内モードが「オフ」に設定されているかご確認ください。

pagetopこのページの先頭へ

お使いのコンピューターを完全にシャットダウンする

お使いのコンピューターを完全にシャットダウン(高速スタートアップを一時的に無効に)してからコンピューターを再起動することで、インターネットに接続できるようになる場合があります。
手順は、下記コンテンツの「高速スタートアップを一時的に無効にする」項目をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

お使いのコンピューターのファイアウォールを一時無効に設定する

お使いのコンピューターにファイアウォールを設定することで、不正なアクセスや特定の機器からのアクセスを拒否することができますが、問題のない機器も接続できなくなる場合があります。
ファイアウォールソフトを使用して設定を行っている場合は、ソフトを一時的に無効にし、正常に使用できるか確認してください。
Windowsのファイアウォール機能をご使用の場合、設定方法については下記コンテンツを参考にしてください。

pagetopこのページの先頭へ

お使いのコンピューターのセキュリティー対策ソフトを一時無効に設定する

セキュリティー対策ソフトは、不正なアクセスを防止するために無線LAN機器とネットワーク通信を監視し、問題のある通信を遮断します。それが、何かのきっかけで、問題のない通信についても遮断している可能性があります。
セキュリティー対策ソフトの使用を一時的に止めて正常に使用できるか確認してください。

無効にしてインターネットに接続できたら、有効に戻したあと、セキュリティー対策ソフトの設定の見直しを行ってください。設定方法については、お使いのセキュリティー対策ソフトのマニュアルをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

ネットワーク切替えツールで他のネットワークに接続する設定になっていないか確認する

お使いのコンピューターでネットワーク切替えツールをご使用の場合は、ほかのネットワークに接続する設定になっていないか確認してください。
ネットワーク切替えツールについての詳細は、お使いのコンピューターに添付のユーザーズマニュアルをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

「ネットワーク接続」画面に「ネットワーク ブリッジ」アイコンがないか確認する

「ネットワーク接続」画面に「ネットワーク ブリッジ」アイコンがあると、これによりネットワークの参照に時間がかかり、ネットワークに接続できない場合があります。ネットワークブリッジを削除して正常に使用できるか確認してください。

ネットワークブリッジを削除する方法

※画面デザインは異なる場合があります。

1 以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 10の場合>

1-1 [スタート]-[設定(設定)]-[ネットワークとインターネット]をクリックします。

1-2 「ネットワークとインターネット」画面が表示されるので、画面左側の[状態]をクリックし、[アダプターのオプションを変更する]を選択します。手順2へ進みます。

「ネットワークとインターネット」画面

<Windows 11の場合>

1-1 [スタート]-[設定]をクリックします。

1-2 [ネットワークとインターネット]-[ネットワークの詳細設定]をクリックします。

「ネットワークとインターネット」画面

1-3 「関連設定」項目-[ネットワークアダプターオプションの詳細]をクリックします。

「ネットワークの詳細設定」画面

2 「ネットワーク接続」画面が表示されるので、「ネットワークブリッジ」アイコンがないか確認します。
ある場合は、アイコンを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、表示されるメニューから[削除]を選択します。

「ネットワーク接続」画面

3 「接続の削除の確認」画面が表示されるので、[はい]をクリックします。

「接続の削除の確認」画面

4 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[続行]をクリックします。
標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

5 「ネットワーク ブリッジを削除しています。お待ちください。」と表示されるので、そのまましばらく待ちます。

「ネットワーク ブリッジ」画面

6 「ネットワーク接続」画面から「ネットワーク ブリッジ」アイコンが削除されます。

これで、ネットワークブリッジの削除は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

システムの復元を行う

最近まで問題なく使用できていたにもかかわらず、突然接続できなくなったというような場合は、システムを正常だった状態に戻す、「システムの復元」をお試しください。
システムの復元についての詳細説明、操作方法などについては下記コンテンツをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

デバイスマネージャーの表示の確認

デバイスマネージャーで無線LANアダプターの認識状態を確認します。デバイスマネージャーを表示する手順については、下記コンテンツをご覧ください。

※「ネットワーク アダプター」項目の下に表示されるアダプター名称に「Wireless」「Wi-Fi」などが含まれているものが対象となります。
※下記の画像は正常に表示されている状態です。

「デバイス マネージャー」画面

デバイスマネージャーで無線LANアダプターの認識状態を確認して、表示が次の状態の場合は対処を行ってください。

<「↓アイコン」がついている場合>

無線LANアダプターが無効に設定されています。
対処方法として、無線LANアダプターを右クリックし、表示されたメニューから[有効]または[デバイスを有効にする]を選択して無線LANアダプターを有効にします。

<「!アイコン」がついている、または存在していない場合>

無線LANアダプターが正常に動作していないか、無線LANドライバーがインストールされていない可能性があります。
ドライバーが正常にインストールされていないと、お使いのコンピューターは無線LANアダプターを認識することができません。外付け無線LANアダプターをご使用の場合は、添付のマニュアルを参照して設定を確認してください。

ワンポイント

コンピューターに無線LANアダプターが内蔵されている場合は、無線LANドライバーの再インストールを行ってください。
再インストール方法については「ユーザーサポートページ」からご使用の機種を選択し、フリーワード検索で以下のいずれかのキーワードを入力し、コンテンツを検索してください。

    <キーワ-ド>

  • ドライバーの再インストール手順(項目別インストール)
  • 無線LANドライバー□再インストール
    ※□はスペースです。「無線LANドライバー」と「再インストール手順」の間はスペースで区切ってください。

上記でうまく検索できない場合は、FAQ Searchの検索結果画面の「質問カテゴリで絞り込み」で「お使いの製品の情報」を選択してみてください。

<存在していない場合>

上記<「!アイコン」がついている、または存在していない場合>で、無線LANドライバーを再インストールしても、デバイスマネージャーに無線LANアダプターが存在していない場合、または、エラーなどで無線LANドライバーがインストールできなかった場合は、コンピューターに無線LANアダプターが正しく認識されていない可能性があります。その場合は、UEFIの設定情報を初期値に戻すことで改善する可能性があります。

UEFIの設定情報を初期値に戻す方法については、お使いの製品に添付のユーザーズマニュアルの以下の項目をご覧ください。

  • 「UEFIの設定」-「設定値を元に戻す」

注意

UEFIを再設定する前に

UEFIの設定情報を初期値に戻すと、Windowsが起動できなくなったり、正常に動作できなくなります。必ずお使いの製品に添付のユーザーズマニュアルの内容をご確認のうえ、実施してください。

pagetopこのページの先頭へ

テクニカルセンターに連絡する

上記の対処方法を実施しても正常に使用できない場合は、本コンテンツではトラブルを解決できないため、お手数ですが当社テクニカルセンターにご連絡ください。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MR7400 MR7400E MR8000 MR8000E-L MR8100 MR8100E MR8200 MR8200E MR8300 MR8300-R MR8400 MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro5700 Pro5800 Pro5900 Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M Pro9000 Pro9050a Pro9100 TY5000S TY5100S Pro9200
コンパクトPC
AT10 AT10-V AT10-AC AT20 AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT993E AT994E AT995E AT997 AT997E AT997-2 AT997E-2 AT998 AT998E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S AY331S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E MR4600E MR4700E MR4800E MR4900 MR5000 NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S SG100E ST10E ST11E ST20E ST40E ST50 ST50E ST55E ST125E ST150E ST160E ST170E ST180E ST190 ST190E ST200E ST210E SY01 TD160E TY1100S SG150 SG150E
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA513E NA513E-V NA520E NA521E NA521E-2 NA601E NA710E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ4000E NJ4100E NJ4100E-V NJ4100E-AC NJ4300 NJ4300E NJ4300E-AC NJ4400E NJ4400E-2 NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NJ6000E NJ6100E NJ7000E NJ7500E NL1000E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY2500S-Y NY2500S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E TN20E TN21E TN22 TN30E TN40 NA711E NL2000E NJ8000E
OS
Windows 10 Windows 11
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった