Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:11068
光ディスクドライブが「コンピューター」上に表示されない場合の対処方法(Windows 7)

光ディスクドライブ(CDメディア/DVDメディア/BD(Blu-ray Disc)メディアが読み込めるドライブ)が「コンピューター」に表示されない場合、さまざまな原因が考えられます。

ワンポイント

コンピューターに「PCお役立ちナビ」が搭載されている場合、「システム診断ツール」を使用してコンピューターの各機能が正常に動作しているかどうかを診断できます。
「システム診断ツール」の詳しい使用方法は、下記コンテンツをご覧ください。

<Windows 7の場合>

<Windows 10 ダウングレードモデルの場合>

光ディスクドライブが「コンピューター」に表示されない場合は、次の図に従ってトラブルを解決してください。

光ディスクドライブが「コンピューター」上に表示されない場合の対処方法の手順図 「デバイス マネージャー」画面を確認する ドライバーを再インストールする BIOS/UEFI Setupユーティリティーを確認する セーフモードで起動して状態を確認する 最小限のデバイスとサービスのみでOSを起動する リカバリーメディアから起動できるか確認する 光ディスクドライブのコネクターを抜き差しする OSを再インストールする テクニカルセンターまたは修理受付窓口へ連絡する

「デバイス マネージャー」画面で光ディスクドライブが認識されているかを確認する

「デバイス マネージャー」画面で光ディスクドライブが認識されているかを確認する手順は以下のとおりです。

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

1[スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

2[システムとメンテナンス](Windows 7の場合は[システムとセキュリティ])を選択します。

※Windows Vistaでクラシック表示の場合は、「デバイス マネージャ」をダブルクリックして手順4に移ります。
※Windows 7で「大きいアイコン」/「小さいアイコン」表示の場合は、[デバイス マネージャー]を選択して手順5に移ります。

3[デバイス マネージャー]を選択します。

4「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[続行]をクリックします。
標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

5「デバイス マネージャ」画面が表示されるので、[DVD/CD-ROM ドライブ]をダブルクリックし、光ディスクドライブが認識されているか確認します。

デバイスマネージャ画面

認識している場合

↓アイコン」がついている場合は、光ディスクドライブのドライバーが無効に設定されています。「↓アイコン」がついているCD/DVDデバイスを右クリックして、表示されたメニューから[有効]を選択し、光ディスクドライブのドライバーを有効にします。

!アイコン」がついている場合は「光ディスクドライブのドライバーを再インストールする」をご覧ください。

!アイコン」がついておらず、正常に認識している場合は「セーフモードで起動して状態を確認する」をご覧ください。

認識していない場合

「BIOS/UEFI Setupユーティリティーで光ディスクドライブが認識されているかを確認する」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

光ディスクドライブのドライバーを再インストールする

「デバイス マネージャ」画面で光ディスクドライブに「!アイコン」がついている場合は、以下の手順でドライバーを再インストールして改善されるかご確認ください。

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

1!アイコン」がついているCD/DVDデバイスを右クリックして、表示されるメニューから[削除]をクリックします。

デバイスマネージャ画面

2「デバイスのアンインストールの確認」画面が表示されるので、[OK]をクリックします。

デバイスのアンインストールの確認画面

3コンピューターを再起動します。コンピューターの起動時に自動的に光ディスクドライブのドライバーが再インストールされます。

改善しない場合は「セーフモードで起動して状態を確認する」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

BIOS/UEFI Setupユーティリティーで光ディスクドライブが認識されているかを確認する

BIOS/UEFI Setupユーティリティーを起動し、光ディスクドライブが認識されているかをご確認ください。
BIOS/UEFI Setupユーティリティーの起動方法と光ディスクドライブの認識位置については、添付のユーザーズマニュアルまたはユーザーズマニュアル補足編をご確認ください。

ワンポイント

ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからダウンロードすることができます。(一部機種はユーザーズマニュアル補足編もダウンロード可)
※一部、ユーザーズマニュアル/ユーザーズマニュアル補足編をご提供できない機種がございます。

認識している場合

「セーフモードで起動して状態を確認する」をご覧ください。

認識していない場合

「光ディスクドライブのコネクターを抜き差しする」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

セーフモードで起動して状態を確認する

必要最低限の状態であるセーフモードで起動した上で現象が発生するかを確認することで、原因を切り分けることができる可能性があります。

セーフモードで起動する方法については、下記コンテンツをご覧ください。

セーフモードでも現象が発生する場合

「添付のリカバリーメディアから起動できるかを確認する」をご覧ください。

セーフモードで現象が発生しない場合

「最小限のデバイスとサービスのみでOSを起動する」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

最小限のデバイスとサービスのみでOSを起動する

セーフモード起動時には読み込まないサービスやプログラムに原因がある可能性があります。
セーフモード起動時には読み込まないサービスやプログラムを通常モード起動時でも読み込まないようにしたり、修正することで問題を解決できる可能性があります。

以下の手順で、起動時に読み込むサービスやプログラムを選択して、どの項目に原因があるかの切り分けを行ってください。

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

1[スタート]をクリックし、検索ボックスに「msconfig」と入力して「Enter」キーを押します。

2「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[続行]をクリックします。
標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

3「システム構成」画面が表示されるので、「全般」タブ-[スタートアップのオプションを選択]を選択し、[スタートアップの項目を読み込む]のチェックを外して、[OK]をクリックします。

システム構成画面

4「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。」と表示された場合は、[再起動]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

システム構成画面

5再起動後に現象が発生しない場合は、以下の操作を行います。現象が発生した場合は、手順6に移ります。

5-1手順1から手順2を繰り返して「システム構成」画面-「全般」タブを表示し、[システム サービスを読み込む]のチェックを外します。

5-2[スタートアップの項目を読み込む]にチェックを付け、[OK]をクリックします。

5-3「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。」と表示された場合は、[再起動]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

5-4現象が発生しない場合は、「添付のリカバリーメディアから起動できるかを確認する」をご覧ください。

6現象が発生したら、システム構成画面でチェックが付いている項目に対応するタブを選択し、表示された項目の一番上に表示されているチェックボックス以外のすべてのチェックボックスのチェックを外して、[OK]をクリックします。

選択するタブは以下のとおりです。

チェックボックス タブ名
[システム サービスを読み込む] 「サービス」タブ
[スタートアップの項目を読み込む] 「スタートアップ」タブ
  • 「サービス」タブ

    システム構成画面

  • 「スタートアップ」タブ

    システム構成画面

7「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。」と表示された場合は、[再起動]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

システム構成画面

8再起動後に現象が発生しない場合は、以下の操作を行います。現象が発生した場合は、手順9に移ります。

8-1手順1から手順2を繰り返して「システム構成」画面-該当タブを表示し、現在チェックが付いているチェックボックスのチェックを外します。

8-2手順8-1でチェックを外したチェックボックスの下のチェックボックスにチェックを付け、[OK]をクリックします。

8-3「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。」と表示された場合は、[再起動]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

システム構成画面

8-4現象が発生するまで、手順8-1から手順8-3を繰り返します。

9現象が発生した場合は、直前にチェックを付けた項目に何らかの問題があると考えられます。

問題となっているプログラムがどのアプリケーションに含まれるものか判断できる場合は、対象となるアプリケーションの再インストールを行ってください。
どのアプリケーションであるか判断できない場合は、対象となるチェックボックスのチェックを外した状態でしばらくコンピューターをご使用ください。

改善しない場合は、「添付のリカバリーメディアから起動できるかを確認する」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

光ディスクドライブのコネクターを抜き差しする

光ディスクドライブがコンピューターに認識されていません。添付のユーザーズマニュアルまたはユーザーズマニュアル補足編をご覧になり、光ディスクドライブの増設・交換方法が記載されている場合は、コネクターの抜き差しをお試しください。

ワンポイント

ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからダウンロードすることができます。(一部機種はユーザーズマニュアル補足編もダウンロード可)
※一部、ユーザーズマニュアル/ユーザーズマニュアル補足編をご提供できない機種がございます。

改善しない場合は、「テクニカルセンターまたは修理受付窓口へ連絡する」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

添付のリカバリーメディアから起動できるかを確認する

OSの問題である可能性がありますので、データをバックアップしてください。
リカバリーメディアが添付されている機種の場合は、BIOS/UEFI Setupユーティリティーで光ディスクドライブから起動できるように設定し、添付のリカバリーメディアから起動できるかご確認ください。
Windows 10ダウングレードモデルの場合、リカバリーメディアはオプションです。

注意

リカバリーメディアはHDDをフォーマットしてHDD内のデータを消去し、OSの再インストールを行うメディアです。ここでは「リカバリーメディアから起動できるか」のみ確認し、リカバリーはデータをバックアップしてHDD内のデータが消去してもいい状態にしてから実行してください。

リカバリーメディアから起動できる場合

「OSの再インストールを行う」をご覧ください。

リカバリーメディアから起動できない場合

「テクニカルセンターまたは修理受付窓口へ連絡する」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

OSの再インストールを行う

上記のトラブルシューティングを行っても問題が解消されない場合は、システム関連のファイルやレジストリーが破損していると考えられます。
お手数ですが、データのバックアップ後にOSの再インストールを行ってください。

注意

リカバリーメディア()でWindowsの再インストールを行うと、Cドライブ (Windowsがインストールされているドライブ)上のすべてのデータが消去されます。
Windows 10ダウングレードモデルの場合、リカバリーメディアはオプションです。

必要なデータをバックアップした上で、再インストールを行ってください。
データのバックアップを行う方法については、下記コンテンツをご覧ください。

リカバリー方法や、リカバリーを行う前の注意点などの詳細については下記コンテンツをご覧いただくか、ユーザーズマニュアルをご覧ください。

ワンポイント

ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからダウンロードすることができます。(一部機種はユーザーズマニュアル補足編もダウンロード可)
※一部、ユーザーズマニュアル/ユーザーズマニュアル補足編をご提供できない機種がございます。

改善しない場合は、「テクニカルセンターまたは修理受付窓口へ連絡する」をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

テクニカルセンターまたは修理受付窓口へ連絡する

上記操作にて現象が改善しない場合は、故障の可能性が考えられます。
恐れ入りますが、当社テクニカルセンターまたは修理受付窓口へお問い合わせください。

<操作方法やトラブル解決に関するお問い合わせ>

<修理受付>

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S
OS
Windows 7
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった