Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:10910
アプリケーションソフトをファイルの種類と関連付ける(Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)

ファイルには、ファイル名のあとに「xxx」という拡張子が付いています。この拡張子は、ファイルを開くことができるアプリケーションソフトに対応(関連付け)しています。例えば、「txt」の付いたファイルは、ダブルクリックすると自動的に「メモ帳」が起動します。

しかし、拡張子によっては複数のアプリケーションソフトに関連付けが設定できる場合があります。そのため、新しいアプリケーションソフトをインストールしたら関連付けが変わってしまったというケースが出てきます。
このようなときには、拡張子にアプリケーションソフトを関連付け、その拡張子のファイルは常に特定のアプリケーションソフトで開くようにしてみましょう。

複数のアプリケーションソフトに関連付けが設定できる例:

  • 拡張子が「htm」……「Internet Explorer」「Notepad(メモ帳)」「WordPad」「Word」などで関連付けができる

注意

関連付けを間違えると

関連付けを間違えると、ファイルを開くことができなくなります。関連付けするアプリケーションソフトは、「推奨されたプログラム」から選択することをおすすめします。

設定方法

拡張子にアプリケーションソフトを関連付け、常に特定のアプリケーションソフトで開くようにする方法は以下のとおりです。

※拡張子が表示されていない場合は、拡張子を表示させてください。

Windows Vista / Windows 7の場合

※画面デザインは異なる場合があります。

1関連付ける拡張子の付いたファイルを右クリックし、メニューから[プログラムから開く]-[既定のプログラムの選択]を選択します。

特定のアプリケーションソフトでしか開けないファイルの場合(pdfなど)は、[既定のプログラムの選択]は表示されません。[プログラムから開く]を選択して、手順2へ進んでください。

「既定のプログラムの選択」を選択する

2「ファイルを開くプログラムの選択」画面で、拡張子に関連付けるアプリケーションソフト(プログラム)を選択します。

このときに、左下の[この種類のファイルを開くときは、……]にチェックが付いていることを確認してください。

「推奨されたプログラム」以外のアプリケーションソフトを関連付ける場合は、[参照]をクリックし、「プログラムを開く」画面からアプリケーションソフトを選択してください。

拡張子に関連付けるアプリケーションソフトの選択

3[OK]をクリックします。

ファイルが関連付けしたアプリケーションソフトで開きます。

以降、この拡張子のファイルをダブルクリックすると、常に関連付けしたアプリケーションソフトで開きます。

Windows 8 / Windows 8.1の場合

※画面デザインは異なる場合があります。

1デスクトップを表示してから関連付ける拡張子の付いたファイルを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、メニューから[プログラムから開く]-[既定のプログラムの選択]を選択します。

特定のアプリケーションソフトでしか開けないファイルの場合(pdfなど)は、[既定のプログラムの選択]は表示されません。[プログラムから開く]を選択して、手順2へ進んでください。

「既定のプログラムの選択」を選択

2「このファイルを開く方法を選んでください」と表示されるので、拡張子に関連付けるアプリを選択します。

このとき、「すべての・・・ファイルでこのアプリを使う」にチェックが付いていることを確認してください。
一般的なアプリ以外を関連付ける場合は[その他のオプション]をクリックして、表示された一覧からアプリを選択してください。

拡張子に関連付けるアプリを選択

ワンポイント

関連付けるアプリが見つからないときは、次の方法で関連付けるアプリを検索できます。

・[その他のオプション]-[ストアでアプリを探す]をクリックし、Windows ストアでアプリを探す。

・[その他のオプション]-[このPCで別のアプリを探す]をクリックし、「プログラムから開く・・・」画面からアプリを探す。

3[OK]をクリックします。

ファイルが関連付けられたアプリで開きます。

以降、この拡張子のファイルをダブルクリックすると、常に関連付けしたアプリで開きます。

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E SY01 TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E
OS
Windows 7 Windows 8.1
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった