Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:10836
HDDの性能を向上させる : ディスクデフラグツールを使う(Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)

コンピューターを使い続けていて、「ファイルの読み込みに時間がかかるようになった」「ハードディスクドライブのアクセスに時間がかかるようになった」と感じるようになった場合、「ファイルの断片化」が起きていることがあります。
ハードディスクドライブ(HDD)は、長い間使用していると、保存しているファイルの使用領域が細かく分断されてしまい、 性能が低下してしまいます。このようにファイルの使用領域が細切れになることが「ファイルの断片化」です。
「ディスクデフラグツール」は、ファイルを連続した場所に配置することで、「ファイルの断片化」を解消し、HDDのアクセス速度を改善します。
「ディスクデフラグツール」による最適化は、手動で実行することもできますし、スケジュールに従って自動で定期的に実行することもできます。

ワンポイント

ディスクデフラグツール使用中に作業する

ディスクデフラグツールがHDDを最適化しているときも、ほかの作業をすることができます。

注意

SSD搭載時の注意事項

SSDに対してデフラグを行うと、SSDの寿命(書き込み限界)を早める原因となるため、デフラグはできるだけ行わないことをおすすめします。
HDDとは異なり、SSDは、デフラグを行わなくても、データへのアクセス速度はほとんど低下しません。

目次

実行方法

※画面デザインは異なる場合があります。

ディスクデフラグツールは以下の手順で実行します。

Windows Vistaの場合

1[スタート]ボタン -[コンピュータ]から最適化したいドライブのアイコンを右クリックして、メニューから[プロパティ]を選択します。

「プロパティ」を選択する

2「ツール」タブをクリックして、「最適化」の[最適化する]をクリックします。

「ディスクデフラグツール」画面が表示されます。

[最適化する]をクリックする

3「ディスクデフラグツール」画面で[今すぐ最適化]をクリックします。

手動で実行

4「ハードディスクを最適化しています...」と表示されるので、しばらく待ちます。

最適化には数時間かかることもあります。

ハードディスクの最適化中

5「ディスクデフラグツール」画面に戻ります。

これで、ディスクの最適化は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

Windows 7の場合

1[スタート]ボタン -[コンピューター]から最適化したいドライブのアイコンを右クリックして、メニューから[プロパティ]を選択します。

「プロパティ」を選択する

2「ツール」タブをクリックして、「最適化」の[最適化する]をクリックします。

「ディスクデフラグツール」画面が表示されます。

[最適化する]をクリックする

3「ディスクデフラグツール」画面で[ディスクの最適化]をクリックします。

手動で実行

4最適化を行っているディスクが「実行中...」と表示されるので、しばらく待ちます。

最適化には数時間かかることもあります。

ハードディスクの最適化中

5「ディスクデフラグツール」画面に戻ります。

これで、ディスクの最適化は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

Windows 8 / Windows 8.1の場合

1[デスクトップ]をクリックし、タスクバーの[エクスプローラーアイコン]「エクスプローラー」アイコンをクリックします。

Windows 8.1 Updateの場合は、スタート画面でPCタイルPCをクリックします。

2以下のいずれかの操作を行います。

<Windows 8の場合>

2-1「ライブラリ」画面が表示されるので、画面左側の「コンピューター」をクリックします。

「ライブラリ」画面

2-2「コンピューター」画面が表示されるので、最適化したいドライブを選択します。

「コンピューター」画面

<Windows 8.1の場合>

2-1「PC」画面が表示されるので、「デバイスとドライブ」項目から最適化したいドライブを選択します。

「PC」画面

3ドライブツールの「管理」-[最適化]をクリックします。

「コンピューター」画面

4[最適化]をクリックします。

[最適化]をクリック

5最適化を行っているディスクが「実行中...」と表示されるので、しばらく待ちます。

最適化には数時間かかることもあります。

ハードディスクの最適化中

6最適化を実行する画面に戻ります。

これで、ディスクの最適化は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

スケジュールを設定して最適化をする

※画面デザインは異なる場合があります。

ディスクデフラグツールを定期的に実行することができます。

<Windows Vistaの場合>

1スケジュールに従って最適化を実行する場合は、「ディスクデフラグツール」画面の[スケジュールに従って実行する]にチェックを付けます(推奨)。

2[スケジュールの変更]をクリックして、スケジュールを設定します。

スケジュールの設定

 

<Windows 7の場合>

1スケジュールに従って最適化を実行する場合は、「ディスクデフラグツール」画面の[スケジュールの構成]をクリックします。

スケジュールの構成


2 「スケジュールの変更」画面で[スケジュールに従って実行する]にチェックを付け、スケジュールを設定し、[OK]をクリックします。

スケジュールの変更画面

 

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

1スケジュールに従って最適化を実行する場合は、「ドライブの最適化」画面の[設定の変更]をクリックします。

ユーザーアカウント制御が表示された場合は、パスワードを入力して[はい]をクリックします。

「ドライブの最適化」画面


2 「ドライブの最適化」と表示されるので、[スケジュールに従って実行する]にチェックを付け、スケジュールを設定し、[OK]をクリックします。

スケジュールの変更画面

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S NP31S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E SY01 TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY10S NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Y NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S TB01S TB01S-B TB20S-B TN10E
OS
Windows 7 Windows 8.1
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった