Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:10771
セキュリティー機能(TPM) : パスワードを間違えた時のロック時間が長くなる

セキュリティー機能(TPM)のユーティリティーでパスワードを何度も間違えると、セキュリティー機能(TPM)のアカウントがロックされてしまいます。
しばらく時間が経つとロックアウト(ロックが解除)されますが、ロックアウトされた後にさらに入力間違いを繰り返して累積誤入力回数が増えると、ロックアウトの時間(ロックが解除されるまでの時間)が長くなります。

対処方法

セキュリティーチップ(TPM)には「辞書攻撃防御機能」が備わっています。
累積誤入力回数が増えると防御レベルがあがり、ロックアウト時間(ロックが解除されるまでの時間)が長くなり、正しいパスワードを受け付けるようになるまでに時間が長くかかるようになります。

「防御レベル」は6時間に1つずつ低下しますので、パスワードを間違えてロックされた場合は、その後、パスワードを繰り返して間違えないようにご注意ください。

ワンポイント

「辞書攻撃防御機能」とは

悪意を持った第三者によるパスワードをハッキングしようとする行為に対抗する機能。あるしきい値を超えて間違ったパスワードを入力すると、次にパスワードを受け付けられるようになるまで物理的に時間がかかるようにするもの。

pagetopこのページの先頭へ

タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MR7400 MR7400E Pro4700 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro5700 TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT993E AT995E MR4000 MR4300E MR4400E MR4500E MR4600E PT110E ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E ST180E TY1100S
ノートPC/タブレット
NA511E NA512E NA601E NJ3700E NJ3900E NJ4000E NJ5700E TN10E
OS
Windows 7 Windows 8.1
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった