Support
Shop
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
  FAQ番号:10681
[スタート]-[既定のプログラム]の設定方法(Windows Vista / Windows 7)

[既定のプログラム]では、特定の種類(音楽ファイル、画像、Webページなど)のファイルを開く際に自動で起動するプログラムを変更することができます。たとえばコンピューターに複数のWebブラウザーがインストールされている場合、どれを既定のWebブラウザーとして使用するかを設定できます。

「既定のプログラム」画面を開く手順

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

1[スタート]-[既定のプログラム]を選択します。

2「既定のプログラム」画面が表示されます。

既定のプログラム画面

pagetopこのページの先頭へ

[既定のプログラム]の項目の説明と設定方法

pagetopこのページの先頭へ

既定のプログラムの設定

プログラムが既定として開くファイルの種類やプロトコルを設定します。
設定したオプションは、他のユーザー アカウントには適用されません。

1[既定のプログラムの設定]をクリックします。

既定のプログラム画面

2以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows Vistaの場合>

2-1「既定のプログラムを設定します」と表示されるので、プログラムの一覧から任意のプログラムを選択し、[このプログラムの既定を選択する(C)]をクリックします。

既定のプログラムを設定する画面

<Windows 7の場合>

2-1「既定のプログラムを設定します」と表示されるので、プログラムの一覧から任意のプログラムを選択し、[既定でこのプログラムで開く項目を選択する(C)]をクリックします。

既定のプログラムを設定する画面

3「プログラムの関連付けを設定します」と表示されるので、現在選択しているプログラムを既定として開きたいファイルの種類やプロトコルのチェックボックスにチェックを入れ、[保存]をクリックします。

プログラムの関連付けを設定する画面

ワンポイント

一覧に表示されているファイルやプロトコルのすべてを選択したい場合には、[すべて選択]にチェックを入れ、[保存]をクリックするか、手順2の画面で[このプログラムを既定として設定する(S)] (Windows 7では[すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する(S)] )をクリックし、[OK]をクリックしてください。

pagetopこのページの先頭へ

ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

ファイルの種類またはプロトコルごとに既定のプログラムを設定します。

1[ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け]をクリックします。

既定のプログラム画面

2「ファイルの種類またはプロトコルを特定のプログラムへ関連付けます」と表示されるので、一覧から任意の拡張子またはプロトコルを選択し、[プログラムの変更]をクリックします。

関連付けを設定する画面

3「ファイルを開くプログラムの選択」画面が表示されるので、一覧から既定に設定したいプログラムを選択し、[OK]をクリックします。

ファイルを開くプログラムの選択画面

pagetopこのページの先頭へ

自動再生の設定の変更

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

音楽CDや、画像が保存されているDVDなど、メディアの種類ごとに使用するプログラムを選択します。

1[自動再生の設定の変更]をクリックします。

既定のプログラム画面

2「それぞれの種類のメディアまたはデバイスを挿入したときの動作を選択してください」と表示されるので、各項目のプルダウンメニューから任意の動作を選択し、[保存]をクリックします。

自動再生画面

ワンポイント

すべての項目を既定の動作に戻したい場合は、画面下までスクロールし[すべての既定値をリセットする]をクリックし、[保存]をクリックします。

pagetopこのページの先頭へ

プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定

インターネット、電子メール、オーディオ ファイルやビデオ ファイルの再生、インスタント メッセージの使用など、特定の操作で使用する既定のプログラムを簡単に変更できます。

ワンポイント

  • 設定したオプションは、すべてのユーザーアカウントに適用されます。特定のユーザーアカウントの既定を設定する方法は、既定のプログラムの設定をご覧ください。
  • この操作は、管理者アカウントでログオンしている場合のみ利用可能です。

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

1[プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定]をクリックします。

既定のプログラム画面

2「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[続行]をクリックします。標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

3「プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定」画面が表示されるので、構成の一覧から任意のラジオボタンを選択し、[OK]をクリックします。

項目説明
Microsoft® Windows®Microsoft® Windows®に含まれているプログラムを既定のプログラムとして使用します。Microsoft® Windows®のプログラムが既定として使用される場合でも、コンピューターにインストールされているすべてのプログラムにアクセスが可能です。
Microsoft® 以外コンピューターにインストールされているMicrosoft®以外のプログラムを既定のプログラムとして使用します。このオプションを選択した場合は、指定されているMicrosoft®のプログラムへアクセスできなくなります。
カスタム(※)Microsoft®以外のプログラムと、Microsoft® Windows®のプログラムの組み合わせで操作ごとに既定のプログラムを設定します。[スタート]メニューやデスクトップなど、通常プログラムが表示される場所に表示されないようにするには、[このプログラムへのアクセスを有効にする]をオフにします。

※「プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定」画面を開くと、[カスタム]が選択されている状態で開きます。

  • [Microsoft® Windows®]を選択した状態

    プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定画面

  • [Microsoft® 以外]を選択した状態

    プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定画面

  • [カスタム]を選択した状態

    プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定画面

pagetopこのページの先頭へ



タワーPC/サーバー
MR6700 MR6700E MR6900 MR6900E MR7000E MR7200-M MR7200E-L MR7300-M MR7300E-L MT9000 Pro4700 Pro5000 Pro5300 Pro5500-H Pro5500-M Pro5600-H Pro5600-M Pro7000 Pro7500 Pro8000-H Pro8000-M Pro8100-H Pro8100-M TY5000S TY5100S
コンパクトPC
AT971 AT971E AT980E AT990E AT991E AT992E AT995E AY301-V_AY301 AY311S AY320S AY321S AY330S MR4000 MR4100 MR4300E MR4400E MR4500E NB50E NB51E NP12-V_NP12 NP15 NP25S NP30S PT100E PT110E PU100S ST10E ST11E ST125E ST150E ST160E ST170E TY1100S
ノートPC/タブレット
Na03mini Na04mini Na14S NA501E NA511E NA512E NA601E NJ3300 NJ3300E NJ3350E NJ3500E NJ3700E NJ3900E NJ5500E NJ5700E NJ5900E NJ5950E NJ5970E NY40S NY40S-B NY2000 NY2100S NY2200S NY2300S NY2400S NY2400S-Z NY3000 NY3200S NY3300S
OS
Windows 7
この回答はお役に立ちましたか?

役に立った
役に立った
参考になった
参考になった
少し違った
少し違った
役に立たなかった
役に立たなかった